2020年12月31日木曜日

このブログをご覧になる皆様へ

○鳥取夏至祭についてはこちら
2019年鳥取夏至祭は6月21,22,23日で設定する予定です。公募を開始しました。3月24日締切です。詳しくはこちらのページをご覧ください。https://tottori-geshisai.jimdo.com/

○大学用HPを作りました。詳細はこちら

公演予定などは今後の公演予定をご覧ください。

○Dance Potlatch ダンスのおくりもの
DVDを販売しています。(驚きの500円)収益金は踊るキノコ基金にまとめられ今後の活動へと生かします。
くわしくはこちらをご覧下さい。
お問い合わせをいただくのですが、送料のほうがかかってしまうため、東京、神奈川の方はBankART studio NYKショップ(馬車道)もしくは綜合芸術茶房喫茶茶会記(四谷三丁目)にてお買い求めいただくようお願いしています。うちのお店でもおけるよという方いらっしゃいましたら、お知らせください。
なお、札幌圏はキノコチケット札幌、鳥取はキノコチケット鳥取で対応しております。
ご希望の方はキノコチケットkinokoticket@gmail.com(@を英数字に直してください)まで。




20th sentiment ( Sapporo Biennale pre-event) film : Katsura Ishida

Mobius鳥取編(Chicago Moving Company 2016)film: Yusuke Sasaki
Mobius東京編(Chicago Moving Company 2016)film: Yasunobu Nakagawa

このページはダンサー木野彩子の現在の活動をブログとして紹介しています。
プロフィールの詳細やこれまでの活動につきましてはおどりこさいこ(http://saikokino.blogspot.jp)をご覧下さい。

This page is Japanese dancer Saiko KINO 's blog. Sorry, this blog is Japanese.
If you need to more detail of Saiko's work, please check Dancer Saiko page(http://saikokino.blogspot.jp), and click the label.


2020年1月22日水曜日

田中泯さんの舞台を見て

久しぶりに東京に行ったついでに舞台を観に行った。田中泯さんの東京芸術劇場公演。
多分舞台で踊るの久しぶりなのではないかと思ったのと、知り合いが出ているのと。
アフタートークによれば実際に何十年ぶりらしい。(ただ私のかすかな記憶だとやっぱり東京芸術劇場で巨大クジラを見たのだけれど)
というのも劇場なんてと行って外へ出て行って、身体気象農場などをやって(その時代にダンス白州というフェスティバルでお世話になっている)、最近はテレビだ、映画だと引っ張りだこになっているから仕方ない。近年は場踊りと称して屋外での即興(そういえば夏至祭の原型のような話だ)が活動の中心になっているのだという。
珍しく劇場公演というだけではなく珍しくアフタートークをするという。アフタートークでは(その日は)写真集の話をしていた。この写真集はずっと僕のことを撮り続けてくれてて、いろんな本当にいろんなところに行ったけれど、でもそのまま放ってあったんだ。でもそれを最後にまとめてなくなっちゃたんだよねとぽつりと話す。僕ももう80歳ですから、先のこともね考えるんです、という。泯さんの公演ではベケットの文章が引用されていて、それもまた、かなり直接的な死を意識させるものであった。

先に書いた大野さんのお葬式と合わせ、舞踏第1世代がいなくなるとはこういうことかとふと思う。ここ暫く笠井叡さんがものすごく精力的に活動している様を聞いており、そういう焦りを感じる。自分が見てきたもの、受け取ってきたことをどのように伝えていくことができるのだろうか。


そんなことを思いながら、ぽつぽつ歩いていて自分が死ぬときは踊る人として認識されて死にたいと考えた。最近学校とか銀河鉄道とかなんの人だかわからなくなっているけれど、でも多分私は踊る人なのだと思う。それはたとえたくさんの人でなかったとしても、せめて自分の周りの人達にはそのように認識してもらっていなくなるのがいいと思う。
そんな話を友人にしたら、すごい!大発見じゃないですか!となんだか喜んでいる。

茂登喜

茂登喜はもどきと読む。

なぜ新野に行ってきたのかといえば、このもどきさんをみにいかねばいけない気がしたからだった。
新野の雪祭りは地元で活動している金田さんが一生懸命ウェブにアップしていて、それをみていただければいいのだけれど、ここに出てくるもどきさんはどういう役割なのかをみたかった。幸法と呼ばれるメインキャラクター(鳥取の麒麟獅子の猩々の動きにちょっと似ている)はいるのだけれど、それと似た形で出てくるこのもどき。幸法は9回出てくるのに、もどきは7回。そして折口がいうには動きが幸法の逆になっているというが、現在の伝承ではそこまで違いはわからない。ともあれ、もどきというのだからもどいているのであろう。

翁の横にいる人もきになる。反復するように言っているけれど、メインの人はちゃんと読み上げているけれど、ちゃんと読んでない。(というか見えないのだと思われる)そもそも読み上げている言葉も実はうろ覚えだったりして、隣の人に突っ込まれながら、ああそうかそうかと言いながら読みあげていく。このゆるさも見逃せない。
そしてこの読んでないけどでもサポートとして必ず一緒にいるこの人は何者か。

新野の雪まつりだけではないのだけれど、この寄り添うカオナシキャラ、もどき、陰の人が妙に気になったのだった。
山陰に来てしまった以上、陰の人がきになるのですね。

そもそも三番叟の黒爺は白爺のもどきであるが、その方が猿楽の原型に近いと言われている。そして今でも狂言師が演じることで知られている。もどき、侮れない。実は重要なのは後から出てくるもどきの方かもしれない。実際後戸の神の方が古くからいるその土地の神であったりもする。(新野ではがらんさんというそうだ。魔多羅神なのかなと思いつつお話を聞く)白と黒、光と影は合わせて1つそんなことを思っていたが、影の方が重要であったりする。さらにいうと光は陰とともにあり、陰が実である。影はその副産物として成立するが、両者がなくては存在し得ない。

新野の雪まつりは踊りとしては動きが少なく、花祭(これまで何度もみに行っている奥三河の湯たて神楽)の方がメジャーになっているのはよくわかるが、古きよきところを残していて、とても興味深い。動きよりも言葉、そしてその儀式が示していることは多分たくさんあって私はその一部を垣間見ただけに過ぎないけれども、ぜひもう少し調べねばと思った。


ちょうどこの前日大野慶人さんのお葬式に行っていて、隣の同僚がなんとなく一雄さんの息子で車椅子押していたイメージが強くてと話していて、ちょっとムカ!と思った自分がいた。確かに天才的なダンサー一雄さんの陰のような存在ではあったが、土方さん、一雄さんと2人の天才に挟まれながら、しっかりとそこにいて支え、その死後、彼は彼でその言葉を忠実に辿り、「うさぎのダンス」に集約させたと考えている。うさぎ、お葬式の写真もうさぎだったけれど、彼が自分自身の動き、作品を作ったことはほとんどないなか、レパートリーとして踊り続けられた東日本大震災を思って、故郷の海を思って作った作品は、彼らしく可愛らしい。
大切なものは表に見えるものとは限らない。


2020年1月20日月曜日

今年の鳥取夏至祭

6ヶ月後夏至です。そういうわけで今年も鳥取夏至祭開催します。4回目。いろんな方からお問い合わせいただき嬉しく思います。日程は6月19、20、21日のあたりです。(微妙にぼかされているのは多少はみ出たり、プレ、オフイベントが考えられるため)
ただ、今年、なんとあのおふくろ市(駅前のサンロードで開催されている月1開催市場)がなくなるかもしれない危機にあり、(もし開催されたとしても年四回などになりそうとのこと)あの市場とわらべ館ワークショップを作るために組み立てられている3日間という構造を見直さねばならなくなりました。なので、詳細もう少しまとまりましたらお知らせします。
オリンピックイヤーということで6月ごろが一番忙しいらしいという声はありますが、皆様鳥取にまたお越しください。

https://tottori-geshisai.jimdofree.com/鳥取夏至祭2019ホーム/report2019/

2020年1月18日土曜日

神戸のまちとセンター試験

阪神大震災から25年。私はその時まだ札幌にいて、揺れもなく実感が湧かなかった。当時受験生で、センター試験の答え合わせみたいなのをしている時に、これで有利になると母校の教員がいうのを聞いた。やだなと思った記憶がある。
大学ダンスのコンクール「All Japan Dance Festival in kobe」は神戸で開催されていて、大学1年の時は震災を受けて東京開催となったその時から、毎年のように(海外にいる時を除く)行くことになり、その変化を見てきた。今では綺麗になった神戸の街。綺麗がいいことだとは私は思えないけれど、少なくとも表面的には大都市の1つとして復興した。
25年かかった。それでも復興しきれていないという。
日本に生まれた以上地震災害から逃れることはできない。だから起こることはわかっている中、生きていくという選択をしなければいけない。自然災害は防ぐことができないが、さらに人災を増やそうとしているこの国を見ながら、このグローバル化の中、正直日本を脱したほうがいいと個人的には思う。
学生さんにも英語でも中国語でももう一つの言語を学び、外の情報を得られるようにしなさいと話し、どこででも生きていけるような手に職を持つことをオススメする。ダンスでも伝統工芸でも、とにかく自分にしかできないような何かを持つこと。いつでもどこででも生きていけるように。

私は大学教員だが、大学だけが生きる場所ではないと思う。
また、いつからでも学び直すことができる。
自分自身が社会人大学院で学ぶことでイギリスで自分の身に起きたことの意味を知ることができ、今の仕事につないだように。
正直いつ何が起こるかわからない今、正解はない。センター試験はあくまでこれまでしてきたことをただ出すのみ。頑張るのではなく。子どもたちが自分に自信を持って前に進んでいきますように。


2020年1月15日水曜日

新野雪まつり

長野県新野の雪まつりに行ってきました。

雪まつりは折口信夫がはじめて訪れた時に命名した田楽系のお祭り。国の重要無形文化財でもあります。近くの地域に花祭りの豊根村や東栄町があり、それはこれまで何回か見にきたことがあるのですが、雪まつりは完全屋外。しかも長野ということで完全防備をして臨みました。これまで見てきた夜通し祭り系の中では巨大な松明を燃やしたり、どんどがあったりという火の祭りであるのと、休憩コーナーが完備されているので、結構助けられました。なので見どころ満載、民俗芸能が好きな人、興味のある人にはオススメです。(花祭りのようなカオスは少ないです。なので危険は少ないですが、眠い、寒い、煙いは健在です)

車の人はいいのですが、車が乗れない人は飯田駅よりバス(約2時間)。もしくは温田駅からバス(40分くらい、飯田からよりは本数があるが、同じ地域循環バスで、そこへ行く飯田線がまた本数が少ない)これらのバスは平日しか運行しないので、14、15日が平日、しかもなおかつ学校の授業がない日(そしてセンター試験とも被らない日)でなければいけないので、結構過酷というか難しいのです。これは今年逃したら大変と思って遠いけれど行ってきました。

民俗舞踊研究会の方にお会いしたり、昨年の盆踊り(実は昨年夏もこの新野盆踊りに行っている。弾丸状態ですが、行ける時に行く。この盆踊りも重要無形文化財。このエリアが芸能の宝庫になっています)でお会いした金田渚さんにも再会し、色々解説をしてもらいながら見ることができた。現在彼女はこのお祭りを広めようとフェイスブックやインスタなどで情報をアップしています。頑張っている若い人たちが出てきてて、それは素敵なこと。
https://www.instagram.com/explore/tags/新野の雪祭り/?hl=ja

実は内容がわかるサイトみたいなのがあまりないので、そのうち写真などと合わせてあげることにしましょう。

野毛大道芸

野毛大道芸を作った方にお会いする。(IKUOさん)
そもそも20代ー30代にかけて自身がサーカスのアーティストであり、フランスを中心に活動をしていたという。サーカス学校で教えていた時代があり、デュクフレ来てたよーと屈託なく話す。35歳で戻ってきて日本で様々なショーを手がけつつ、野毛でお店を開いた。現在2軒あるそのお店では様々なショー(音楽やコントーションなどのほかダンスもある)を行なっておりそこの経営者でもある。
この街が面白くなるといいと思ってと話す。
東横線の桜木町の駅がなくなり、野毛側の人通りが一気に減るという危機感。それがこの大道芸のフェスティバルを始めたことがきっかけになり、それまで空き店舗だったところにお店が入り、(その紹介業も手がけ)今、野毛は結構賑やかになっている。
裏路地や小さな道は今少なくて、こういう小さな小道に小さいお店が集まっている感じが外国人ウケするのだという。実際チェーン店系はほとんど入っておらず、それゆえにはしごする面白さもあるのだという。
街の良さを生かし、いいものを招き、それをきっかけに地域の色を作り出す。野毛の大道芸フェスティバルはその後全国各地に飛び火していき、今の大道芸やジャグリングの人気へとつながっていく。
扉とか作ってさー、むしろ閉鎖しちゃって、夜の街、大道芸治外法権みたいな感じにしたいよねと話す。いつから大道芸は許可制になってしまったんだろうとは私の個人的な疑問なのだが、そんなことを飛び越えて、大道芸が街を作っていく、そんな可能性を感じる。
この年代、まだまだ元気。(70歳代)アシュフォードさんもそうだけれど、そういう勢い若い人の方がないなあ。

参考までに:http://nogedaidogei.com/history/interview/

鳥取夏至祭は外から来た人としていろんな人を紹介し、またいろんな身体に触れてもらいたくて始めているが、本当に街中に人がいないので、偶然巻き込まれたり、見ちゃったりというハプニング性が思っていた以上に作り出せていないということを感じる。
また即興ということがわかりにくいとも言われる。
ただ、大道芸ではなくあくまで即興性にこだわっているのは実は意味があって、すごい技やスキルを見るということを目指したくないからだったりする。
おふくろ市が来年も開催されるか未定で、(夏至とずれるのもあるが、それだけではなく、そもそも開催回数を減らしたり、形態を変えることを考えているという)今年はどのようにしようかと考え中。

アイデア等募集中です。