2018年12月31日月曜日

このブログをご覧になる皆様へ

○鳥取夏至祭についてはこちら
2018年鳥取夏至祭は6月22、23、24日で設定する予定です。募集などの詳細は後日お知らせさせて頂きます。

○大学用HPを作りました。詳細はこちら

公演予定などは今後の公演予定をご覧ください。

○Dance Potlatch ダンスのおくりもの
DVDを販売しています。(驚きの500円)収益金は踊るキノコ基金にまとめられ今後の活動へと生かします。
くわしくはこちらをご覧下さい。
お問い合わせをいただくのですが、送料のほうがかかってしまうため、東京、神奈川の方はBankART studio NYKショップ(馬車道)もしくは綜合芸術茶房喫茶茶会記(四谷三丁目)にてお買い求めいただくようお願いしています。うちのお店でもおけるよという方いらっしゃいましたら、お知らせください。
なお、札幌圏はキノコチケット札幌、鳥取はキノコチケット鳥取で対応しております。
ご希望の方はキノコチケットkinokoticket@gmail.com(@を英数字に直してください)まで。




20th sentiment ( Sapporo Biennale pre-event) film : Katsura Ishida

Mobius鳥取編(Chicago Moving Company 2016)film: Yusuke Sasaki
Mobius東京編(Chicago Moving Company 2016)film: Yasunobu Nakagawa

このページはダンサー木野彩子の現在の活動をブログとして紹介しています。
プロフィールの詳細やこれまでの活動につきましてはおどりこさいこ(http://saikokino.blogspot.jp)をご覧下さい。

This page is Japanese dancer Saiko KINO 's blog. Sorry, this blog is Japanese.
If you need to more detail of Saiko's work, please check Dancer Saiko page(http://saikokino.blogspot.jp), and click the label.


2018年6月18日月曜日

鳥取夏至祭2018準備中です。

鳥取夏至祭2018準備中です。
忙しい学生さんたちの隙間をぬって打ち合わせ。今年は受付などを手伝ってくれる実行委員が増えました。(が微妙に全日程いるわけではないので、注意が必要)
取材対応したり、会場の打ち合わせに行ったり、使用許可書を書いたり、いろいろありますが、とりあえずなんとか回っています。
去年見かけてくれている人は、ああ、去年もあったねと言いながら助けてくれ、おかげで結構スムーズに物事が進んでいきます。ありがたい限り。こうして少しずつ広がっていくのでしょう。

今日は鳥の劇場がやっているギャラリーとりたちの家に行ってきました。ギャラリーなのに1日だけ借りるとかちょっとありえない感じなのですが、お言葉に甘え、拠点にさせていただいています。(昨年のヤマネデンキに相当、23日のまちなかあるきの拠点になります)こういう場所を学生さんたちに知ってもらうのも大事だし、鳥の劇場の演劇祭なども授業で触れるので、身近に感じるのではないかと思っています。

鳥取横断計画。アーティストの皆さん、お客さん、みなさんお待ちしております。
実は観客も鳥取市内に限らず米子や城崎、東京からなど様々なところからやってくるようです。みんなでまちなかの面白い使い方を探していきましょう。


2018年6月5日火曜日

今後の予定( 2018.06.05)

今後の予定

◎鳥取夏至祭
 出演予定者発表しました。鳥取人はまだまだ募集しています。飛び入りも歓迎。みんなで遊びましょう。チラシは現在配布中です。
https://tottori-geshisai.jimdo.com





◎わらべ館即興音楽とダンスのワークショップシリーズスタートします。
夏至祭の時に踊るの楽しーと思った鳥取の皆さんに即興の面白さを定着させるべく2ヶ月に1度の即興音楽とダンスのワークショップシリーズを開始します。(助成:文化庁大学を活用した文化芸術推進事業)
夏至祭メンバーだった皆さんにもお越し頂き即興ワークショップを遊びつつ幅を広げていけるといいのではないかと。日程は以下の通り。
5月27日(日)13時半から
6月24日(日)→13時半〜夏至祭スペシャル
7月22日(日)午前
9月30日(日)午前
11月18日(日)
1月26日(土)
3月10日(日)




◎死者の書再読
お隣兵庫県にある城崎アートセンターで滞在制作を行います。9月15、16日には試演会も行う予定。鳥取県内では12月末を予定しています。情報公開になりました。

http://kiac.jp/jp/post/4448

鳥取を拠点に活動するダンサー/振付家の木野彩子による折口信夫「死者の書」再読プロジェクトの滞在制作。
折口信夫の口述文学の傑作小説「死者の書」における、2つの世界が交錯していく構造や、多用されるオノマトペをもとに各シーンの動きをつくり、折口の心の中の物語として再構成し、ダンス作品を創作する。2つの世界を象徴する存在として音楽家のやぶくみこ(ガムラン、パーカッション)、杵屋三七郎(江戸長唄、三味線)が参加し、この世とあの世、男性性と女性性が重なる瞬間を模索する。また、照明家の三浦あさ子との共同作業により、この世ではない世界の見せ方を探究する。滞在中、市民を招いたオープンスタジオで成果を発表する予定。滞在制作後は、鳥取県内での上演を計画している。



折口さん密かに明治神宮外苑は単なる公園運動施設ではなく、本質的に神宮の崇敬と深い関係を有するもので、宗教施設に他ならない」という主張をする助言を行っていたらしい。(明治神宮外苑70年誌)さすが国学院大学教授。(ちなみに国学院大学結構近くにあるのですが、そこの博物館には折口さんの書斎が再現されていたりします。)まさかのようですがこの2つのクリエーション全然毛色が違うのに実はつながっていて、ここのところずっとこの時代の本しか読んでいません。


◎「ダンスハ體育ナリ?」またやります!10月6、7日@ドイツ文化センター
実は大野一雄編(其の1)でという話が動いていたのですが、現在どのようにまとめようか、まとめないのか色々模索中。5月12日見に来た人には仮チラシお渡ししました。本気です。ダンサーで先生という木野経歴ならではのレクチャーパフォーマンス、いそうでいないと様々な方に言われています。おだてられたからではないですが、これはこれでもう少し掘ってみましょう。
http://dancenewair.tokyo
超レアな仮チラシ。そのうちまた。




◎鳥取銀河鉄道祭2019年11月に開催します。それに向けてのリサーチ・ワークショップ活動がスタートします。取り急ぎフェイスブックでページを作りました。ウェブサイトも制作予定。少々お待ちください。
https://www.facebook.com/Gingatetsudou.Tottori/

◎Amanogawaプロジェクト鳥取2018年11月やりましょう。


鳥取銀河鉄道 Facebook ページできました。

2019年鳥取県総合芸術文化祭メイン事業は鳥取銀河鉄道祭なるお祭りを開くことにしました。銀河鉄道、いえ、宮沢賢治に恋する勢いで公募に手を上げてしまい、壮大なる計画をプレゼンし、やってみることになりました。
8年越し(?)の夢というやつです。

そんなわけで、鳥取全土を渡り歩きながら2019年11月2、3、4日鳥取県立文化会館(通称とりぎん文化会館)で発表する作品を作っていきます。
米子、倉吉なども合わせて鳥取の良いところ、面白い人に出会いながら、鳥取オリジナル銀河鉄道とその祭を作るのです。2018年中よりリサーチや映像制作作業は始まり、様々なワークショップを行っていきます。木野はプロデュース業に徹し、実際の舞台をつくるのは門限ずを中心に構成していくことになりますが、多分楽しくなることでしょう。

今日も事務局野口くんと打ち合わせ。走りますよ!

フェイスブックページを取り急ぎ作りました。これから少しずつ情報をアップしていきます。ウェブサイトも作る予定。頑張ります。
https://www.facebook.com/Gingatetsudou.Tottori/

写真は倉吉線の廃線跡(関金地区)。こんな景色が鳥取には残っているのです。

Real tokyoにダン体紹介いただきました。

カルチャー系のウェブサイトReal Tokyoさんにダンスハ体育ナリ2の記事を載せていただきました。
ライターは西田留美可さん。西田さんその1から前回のその2も見ていただいていて、それも踏まえて書いてくださっています。その1の批評は公明新聞に。公明新聞さんに扱われる率が高い気がしますがたまたまです。(記事内の記述のうちその1は一応テーマは大野一雄でした。が、確かにその1も2も石井漠にフィチャーリングしている感じになっています。残念ながら私自身は石井系統ではないのですが)

http://www.realtokyo.co.jp/performance/dance-as-nation-founding-calisthenics-lecture-performance-by-saiko-kino-2018-5-12/

英語版もあります。こういうの大切ですよね。

English Review about Recture performance "Shall we try to dance as Nation Founding Calisthenics?"

http://www.realtokyo.co.jp/en/performance/dance-as-nation-founding-calisthenics-lecture-performance-by-saiko-kino-2018-5-12/

2018年5月29日火曜日

鳥取の幼稚園でワークショップを行いました。

鳥取の幼稚園でワークショップを行いました。

わらべ館ワークショップに参加してくれたお母さんが、あまりに面白かったから!と園に働きかけてくださり、お誕生日会の特別アクティビティとして(キラキラタイムというそうです)招いてくださいました。2歳児から5歳児まで。約200人。
カオスです。

幼児教育の人だとわかるのですが、2歳と5歳だと体格もできることも全く異なり、なかなか難しいワークでした。しかしうわーっと言いながら走り回ったり繋がったりしているうちに楽しくなってきたらしく、2歳児も泣きださず(後で園長先生が驚いたと言っていました)なぜかちゃんとまとまりました。
日曜にわらべ館で行っていた感じをもとに、だるまさんが転んだのように音がなっている間動いてみようでも音が止まったらみんなもストップねと言いながら変なポーズを作ってみたり。
最後に音楽の先生に何か1曲弾いてくださいとお願いし、その曲で踊ることにしたところ、チャップリンでした。子供達大ウケ。

終わったあと先生方とお話しし、リトミックなどもするのだけれど、どうしてもこちらが動きを提示してしまいがちだという声が。こんなに自由でいいんだ!とのお言葉をいただきました。体がこんな風に動くのかということにも驚かれたようです。
自分が過去に教えていた幼児教育系の短大などでも、決まった手遊びや、動きのパターンをまず覚えさせるところが多く、なかなか自由に動くだけという時間を取ることはできません(カリキュラムの都合上)が、本当は先生も子どもも一緒になって体で遊ぶ時間というのが大切ではないかと思うのです。それが外から来たちょっと変わった人(私?)がいるとそれに巻き込まれて可能になるのではないかと思ったりもします。

5歳児たちは終わった後も真似して動き始めたりして、こういう子たちがそのうち踊るようになるんだろうなと思いながら、帰ってきました。貴重な経験です。




わらべ館ワークショップシリーズスタートしました。

わらべ館でのワークショップシリーズスタートしました。

昨年夏至祭で盛り上がり、しかしもう少し即興に親しむ人を増やしていこうとはじめたこのワークショップシリーズ、2ヶ月に一回開催していきます。

5月27日は
鳥取ダンサー田中悦子さんのファシリテートからスタートし、わらべ館職員高橋智美さんんの様々な民族楽器の音色に反応してみるワーク、ピアノの池田さんの音楽に合わせて自在に動く時間、最後に演奏を聴く・ダンスを見る時間と盛りだくさんの1時間でした。

小さな子供も多いので、難しいことはできないのですが、はじめはお母さんにしがみついていた子供達がだんだんと離れ、動き回るようになっていく姿は心強く、また、つられて私もかなり踊らされました。
鳥大学生さんも参加し、子供達に遊ばれる1日だったようです。

このシリーズはファシリテートの方法や進行を学ぶ意味合いも兼ねていて、夏至祭以降、今年参加できなかった方々にゲストとしてきていただきながら、勉強しようと思ってスタートしました。ご興味のある方是非お越しください。

次回は夏至祭の3日目です。