2018年12月31日月曜日

このブログをご覧になる皆様へ

○鳥取夏至祭についてはこちら
2018年鳥取夏至祭は6月22、23、24日で設定する予定です。募集などの詳細は後日お知らせさせて頂きます。

○大学用HPを作りました。詳細はこちら

公演予定などは今後の公演予定をご覧ください。

○Dance Potlatch ダンスのおくりもの
DVDを販売しています。(驚きの500円)収益金は踊るキノコ基金にまとめられ今後の活動へと生かします。
くわしくはこちらをご覧下さい。
お問い合わせをいただくのですが、送料のほうがかかってしまうため、東京、神奈川の方はBankART studio NYKショップ(馬車道)もしくは綜合芸術茶房喫茶茶会記(四谷三丁目)にてお買い求めいただくようお願いしています。うちのお店でもおけるよという方いらっしゃいましたら、お知らせください。
なお、札幌圏はキノコチケット札幌、鳥取はキノコチケット鳥取で対応しております。
ご希望の方はキノコチケットkinokoticket@gmail.com(@を英数字に直してください)まで。




20th sentiment ( Sapporo Biennale pre-event) film : Katsura Ishida

Mobius鳥取編(Chicago Moving Company 2016)film: Yusuke Sasaki
Mobius東京編(Chicago Moving Company 2016)film: Yasunobu Nakagawa

このページはダンサー木野彩子の現在の活動をブログとして紹介しています。
プロフィールの詳細やこれまでの活動につきましてはおどりこさいこ(http://saikokino.blogspot.jp)をご覧下さい。

This page is Japanese dancer Saiko KINO 's blog. Sorry, this blog is Japanese.
If you need to more detail of Saiko's work, please check Dancer Saiko page(http://saikokino.blogspot.jp), and click the label.


2018年1月22日月曜日

チラシ送付用ご挨拶文

いつも応援してくださっているみなさま

 鳥取に来てもうすぐ2年が経ちます。
 来る直前に発表した「ダンスハ體育ナリ」は女子体育ってなんだ?なぜダンスは体育教育に入っているのか?という素朴な疑問からスタートし、奇しくも芸術文化センターなるところに所属する身となって体育と芸術の境目を渡り歩いてきた自身の生き方を考えさせられるものでした。
 その時取り上げていた「体操が流行った時代」をもう一度見直してみました。体操とはなんだったのだろう。そもそも体育とはなんだったんだろう。
 明治神宮の歴史と体育、スポーツは密接につながっています。スポーツ研究者にはよく知られた話で、オリンピックに絡んでこの2年ほどで多くの研究書、論文が出されています。
 社会が急速に変わりつつある今、この場所に立ってみる。
 大きな時代の流れを感じつつ、ちょっと踏ん張ってみる。もしくはするりと笑ってかわしてみる。ダンスができることはそういうことなのかもしれないと感じています。

 お時間ございましたら是非お越しください。
 聖徳絵画館前にはプール(昭和30年頃にはカッパ天国として開放されていたそうです)があり、そこの前で皆様をお待ちいたしております。(公演場所は室内なのですが、入り口がわかりにくいためガイドつきでご案内します)

 なお、昨年開始した鳥取夏至祭今年も開催します。6月22−24日。ウェブサイトに公募情報も載せております(注:現在まだ反映できていません)。鳥取について夏至祭について知りたいという方は公演の機会にでもお話に来てくだされば。
https://tottori-geshisai.jimdo.com


 資料として今回制作を行ってくれているダンスアーカイブ構想の資料(第8号)と共同開催の「シックダンサー」チラシを同封させていただきました。アーカイブの資料はそのままにしておいては日の目を見ない。だからそこから何かを掘り起こしみつけだす仕事が必要で、ともに学ばせてもらっている感じがします。ちなみにCNDには木野の2003年の”Edge”の映像が保存されているはずです。いつか誰かが拾い上げたりして。作品も研究もこうすることで等しくなると感じています。

 鳥取は寒いですが(雪も降るし)、たくましく生きてます!皆様も近況おしらせくださいね。
 それでは、また。
木野彩子


2018年1月18日木曜日

グローバル時代の国家と社会

今回ダンスハ體育ナリ其の二で扱う明治神宮外苑の話は昨年グローバル時代の国家と社会で紹介している。
筑波大学社会人大学院生になる頃、2020年オリンピックが決定し、授業内でも触れられていた明治神宮外苑とオリンピックの関係性を掘っていくと、1940年に開かれるはずだった「幻のオリンピック」が見えてきて、さらにその時代の戦争へ進んでいく雰囲気が見えてくる。
日本の近代とはなんだったのか。
明治とはなんだったのか。

グローバル時代の国家と社会は2016年より開講されるようになった大学の共通教育の授業で、地域学部教員11人が集まってオムニバスの講義を行っている。元々は入学式、卒業式で国旗の掲揚、国歌の斉唱が大学の判断で(話し合いなどが行われずに)行われるようになったことに対する疑問の投げかけから始まった。

留学生たちも沢山おり、グローバルを掲げている大学があえて日本の国歌だけを歌うのはどうなのか、全卒業生の国の旗が揚がったらいいのではないかという外国人の先生、本当は歌いたくない子もいるかもしれないのにそれを強いる形が気になるという音楽の先生、様々な立場から今の時代にどのような形があり得るのだろうと考え始めた。

その年赴任してきた私はダンスハ體育ナリのこともあり、なんとなく巻き込まれながらいろんなお話を聞いた。障がい者に対する差別の問題、海外の国歌、様々な唱歌の変遷、科学者の倫理の問題、戦争経験者の話を聞く、、。それぞれが自分の専門に即して話すので内容は様々だったが、少数者、弱者とされる人の言葉をいかにひろいあげるか、また対話をし続けようという努力が必要だという印象を受けている。
鳥取はどちらかというと経済的には貧しく、人口も少なく、弱い県である。しかしその分それを拾い上げながら助け合いながら生きていくしぶとさも持ってきた。そしてその貧しさや弱さは逆に新しい可能性を持っていると価値観の転換を図ろうとしているのが地域学部ではないかと感じている。成長すればいいのか、お金があればいいのかそうではない。本当に人が幸せを感じて生きていくにはどうしたらいいのだろうか。そういう思考を持っている人たちが合理性や効率を求める近代について、近年のナショナリズムの高まりについて揃って疑問を投げかけている。

シラバスは公開されている。(ちなみに私のところの参考文献が間違ったまま掲載されている)

もうすぐ赴任して2年になる。今年も署名運動は行うらしい。
ある意味このレクチャーパフォーマンスはあれから2年、大学で学んだことをまとめるようなものなのかも。

2018年1月17日水曜日

今後の予定( 2018.1.17)

今後の予定

◎鳥取夏至祭
 募集がまだ出せていませんが開催時期は昨年同様6月22−24日の予定で現在調整中です。公募条件などまとまりましたらお知らせいたします。今しばらくお待ちください。

◎建国記念の日に「建国體操ヲ踊ッテミタ」
レクチャーパフォーマンスシリーズ第2弾、前回は女子体育、舞踊教育の歴史に基づいて作品を作りましたが、今回は男子の体育、そして体操の歴史に基づいて現在作成中。間に合うのか?このなんだか可愛い絵ですが、これは本当にあった建国体操の図譜。
今回場所がわかりにくいこともあり『完全予約制』です。当日券などもありません。お気をつけください。
チケットのご予約はこちらまで。
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249605P0030001

◎死者の書再読
お隣兵庫県にある城崎アートセンターで滞在制作を行います。鳥取県内上演先探しています。情報公開になりました。
http://kiac.jp/jp/post/4448

鳥取を拠点に活動するダンサー/振付家の木野彩子による折口信夫「死者の書」再読プロジェクトの滞在制作。
折口信夫の口述文学の傑作小説「死者の書」における、2つの世界が交錯していく構造や、多用されるオノマトペをもとに各シーンの動きをつくり、折口の心の中の物語として再構成し、ダンス作品を創作する。2つの世界を象徴する存在として音楽家のやぶくみこ(ガムラン、パーカッション)、杵屋三七郎(江戸長唄、三味線)が参加し、この世とあの世、男性性と女性性が重なる瞬間を模索する。また、照明家の三浦あさ子との共同作業により、この世ではない世界の見せ方を探究する。滞在中、市民を招いたオープンスタジオで成果を発表する予定。滞在制作後は、鳥取県内での上演を計画している。



折口さん密かに明治神宮外苑は単なる公園運動施設ではなく、本質的に神宮の崇敬と深い関係を有するもので、宗教施設に他ならない」という主張をする助言を行っていたらしい。(明治神宮外苑70年誌)まさかのようですがこの2つのクリエーション全然毛色が違うのに実はつながっているのです。。。



2018年1月14日日曜日

人間は間違えることができます。

昨日、今日はセンター試験で、鳥取はやはり雪が降り、大変だったところもあるはずです。受験生は大変だよなあと思いながら、監督する側もなかなか緊張。
みなさん、無事試験が終わりましたでしょうか。。

毎年この関連業務に携わりながら、分厚いマニュアル通りに一字一句違わず言葉を発し、一言ごとにチェックを入れ、一字一句正確に板書しという作業を繰り返しながら、ものすごい苦手だと思う自分がいます。
一応20うん年前にセンター試験を受けていたけれども、今受けれないかもしれないと思うくらい、緊張します。
もちろん受験生の皆さんのために一生懸命頑張ります。

しかし今日私はすごく重要なことに気がつきました。
AIが席巻しても人間にしかできないこと、それは身体だと思っていたのですが(だから私はダンスというジャンルを選んでいるのかもしれませんが)、同じくらい重要なのは『まちがえる』ということです。AIは間違えるパターン分析をして間違えるに近いプログラミングした状態を再現できるかもしれませんが、正確には間違えてはいません。
あ、しまったーとか間違えちゃったと赤くなったりするのは人間だけだし、その間違えちゃったから新しい何かを発見することができるのも人間だけです。
間違えることができるのってちょっと素敵なことなんです。

振り覚えも悪いし、よく間違えるけれど
でもそのお陰でみえたことはたくさんあります。
失敗は成功のもと。
失敗を楽しみながら、ひょいと飛び越えていけるようになるのが、人間らしいなあと。

もしかしたら失敗からショックで立ち上がれなくなって落ち込むかもしれないけれど、それもまた人間らしいなあと、そんなことを思うのです。


今日もまた教え子が旅立ちました(なんとアフリカです)。
この高校生くらいの子供達(見た目すでに大人)がセンター試験なり、旅なり、人生の岐路に立っていくわけですが、どれだけ間違っても大丈夫だよと。私も頑張らなきゃと思うのでした。


追記
ここまで書いて家に帰ろうとしたら、日曜日で終バスが1時間早いということに気がつきました。雪が降ってから自転車通学ができないのです。雪道滑りながら歩くこと45分、、、早速まちがい。



2018年1月7日日曜日

死者の書 再読

死者の書 再読
という作品を9月に作ります。
城崎アートセンターにて。
情報公開になりました。
http://kiac.jp/jp/post/4448

お隣兵庫に伺って、山陰ネットワークを作りつつ、がっつり憑依もの考えたいと思います。超暗いものになりそうな。いえ、多分、そういうものが今の時代には必要なのです。

楽しい、綺麗な、夢のような世界ではない、薄暗くても何か引き込まれてしまう陰のようなもの。私の中のもう一人の人との対話はIchIからのテーマで、その時はデュオでしたがそれを一人で(演奏者は2人いる)表していきます。
どうなることか。今から楽しみにしています。


追記

折口信夫『死者の書』再読
Rereading “Shisha no Sho (The Book of the Dead)” by Sinobu Origuchi

鳥取を拠点に活動するダンサー/振付家の木野彩子による折口信夫「死者の書」再読プロジェクトの滞在制作。
折口信夫の口述文学の傑作小説「死者の書」における、2つの世界が交錯していく構造や、多用されるオノマトペをもとに各シーンの動きをつくり、折口の心の中の物語として再構成し、ダンス作品を創作する。2つの世界を象徴する存在として音楽家のやぶくみこ(ガムラン、パーカッション)、杵屋三七郎(江戸長唄、三味線)が参加し、この世とあの世、男性性と女性性が重なる瞬間を模索する。また、照明家の三浦あさ子との共同作業により、この世ではない世界の見せ方を探究する。滞在中、市民を招いたオープンスタジオで成果を発表する予定。滞在制作後は、鳥取県内での上演を計画している。

The Tottori-based dancer and choreographer Saiko Kino’s re-reading project of Shinobu Orikuchi’s “The Book of The Dead”.
Based on the structure of interlocking two worlds and the heavily used onomatopoeia in “The Book of The Dead”, Shinobu Orikuchi’s masterpiece in dictation literature, Kino would choreograph movements in each scene to re-construct a dance work as a story in Orikuchi’s mind.  The musician Kumiko Yabu (Gamelan and percussion) and Sanshichiro Kineya (Edo Nagauta and Shamisen) will be the symbols of the two worlds.  They will explore the moments where this world and that world, the men gender and female gender may overlap.  Also, in collaboration with the lighting designer Asako Miura, the performance will pursue how to show the world beyond this world.  During the residency, the citizens are welcome to see the output at the open studio.  After the residency, it will be performed in Tottori Prefecture. 



木野彩子
札幌生まれ。幼少よりモダンダンスを始め、ソロを中心に自らの身体と向かい合い続ける。”Edge”でYokohama solo duo competition2003財団賞を受賞。 2004年文化庁在外派遣研修員、2005年よりRussell Maliphant Companyのダンサーとして活動。 帰国後はセルフドキュメンタリーの手法を用いリサーチに基づくダンス作品を制作している。代表作に“静” 、“からたちから”、”Mobius”など。2016年より鳥取大学地域学部附属芸術文化センター講師。2017年即興音楽とダンスを鳥取のまちなかで展開する鳥取夏至祭を開始。


Saiko Kino
born in Sapporo, Kino started learning the modern dance as a child.  Her intent is to face her own body, especially while dancing solo pieces.  Her work “Edge” won the Yokohama Art Foundation Prize at their Solo Duo Competition 2003.In 2014, Kino received an international fellowship from the Agency for Cultural Affairs; and in 2005, she joined the Russell Maliphant Company as a dancer.  After she came back to Japan, she often uses the method of self-documentary to create dance works based on research.  Her main works include: “Shizuka”, “Katachikara” and “Mobius”.Since 2016, Kino is a Lecturer of Tottori University Art Center.  In 2017, she started Tottori Midsummer Improvisation Festival, where improvisation music and dance are performed in the city of Tottori. 






体操モード

ダンスハ體育ナリから2年。
実は密かに少しずつ調査は進行していて、しかし色々迷走し、授業に展開したりして、どうまとめたらいいのかなと考えていたら、この年末、まさかの出会いで、ああ、そういえばとなりました。

1938年に謎の体操写真がたくさん出された女子体育展覧会(上野松坂屋)があり、この時代にフォーカスを当てたら1936年のベルリンオリンピック、1940年に東京オリンピックを開くはずがなくなるというのが見えてきました。
さらにいうと皇国2600年祭が代わりに開かれ、戦争へと進んで行ってしまう時代。
この時代を取り上げます。

これを表すにふさわしい場所でふさわしい日にダンスハ體育ナリ?(2)を開催します。チラシも何もまだできていませんが、今やらなきゃ。そんなお話を様々な体操とともにしたいと思います。

体操なのにダンス?体操とダンスの違いってなんでしょうというのが見えてくるかもしれませんよ。
場所、日時など近日公開少々お待ちを。

そんなわけで実は正月全くないまま、ずっと調査。今日も打ち合わせでした。どうなるかな。頑張らなきゃデス。