2018年12月31日月曜日

このブログをご覧になる皆様へ

○鳥取夏至祭についてはこちら
2018年鳥取夏至祭は6月22、23、24日で設定する予定です。募集などの詳細は後日お知らせさせて頂きます。

○大学用HPを作りました。詳細はこちら

公演予定などは今後の公演予定をご覧ください。

○Dance Potlatch ダンスのおくりもの
DVDを販売しています。(驚きの500円)収益金は踊るキノコ基金にまとめられ今後の活動へと生かします。
くわしくはこちらをご覧下さい。
お問い合わせをいただくのですが、送料のほうがかかってしまうため、東京、神奈川の方はBankART studio NYKショップ(馬車道)もしくは綜合芸術茶房喫茶茶会記(四谷三丁目)にてお買い求めいただくようお願いしています。うちのお店でもおけるよという方いらっしゃいましたら、お知らせください。
なお、札幌圏はキノコチケット札幌、鳥取はキノコチケット鳥取で対応しております。
ご希望の方はキノコチケットkinokoticket@gmail.com(@を英数字に直してください)まで。




20th sentiment ( Sapporo Biennale pre-event) film : Katsura Ishida

Mobius鳥取編(Chicago Moving Company 2016)film: Yusuke Sasaki
Mobius東京編(Chicago Moving Company 2016)film: Yasunobu Nakagawa

このページはダンサー木野彩子の現在の活動をブログとして紹介しています。
プロフィールの詳細やこれまでの活動につきましてはおどりこさいこ(http://saikokino.blogspot.jp)をご覧下さい。

This page is Japanese dancer Saiko KINO 's blog. Sorry, this blog is Japanese.
If you need to more detail of Saiko's work, please check Dancer Saiko page(http://saikokino.blogspot.jp), and click the label.


2018年7月17日火曜日

日本海新聞に銀河鉄道祭を取り上げていただきました。

日本海新聞(鳥取では最もポピュラーと言える地方新聞)に鳥取銀河鉄道祭を取り上げていただきました。水田さんはいろんな意味で子どもたちの居場所作り(ちいさいおうち)や鳥取のアート系情報サイトtotto編集長など多彩に活躍をしている鳥取キーパーソンのうちの一人。いつもありがとうございます。
銀河鉄道のお話を通じて鳥取について私がまなぶとともに(私も来て2年という新参者なので門限ずと同じように発見の日々が続いています)鳥取の皆さんにアートや芸術ができることの可能性を伝えていきたいと思います。
多様な生き方を受け入れていく土壌は鳥取には既にあると感じています。

と、この記事が載っていたのは昨日だったのですが、今日早速河本緑石さんについて語ってくれる来客がやってきました。突然大学に。私はいないこともあるので、ご連絡くださると嬉しいのですが、一緒に作るよ!という方大募集中です。

2018年7月12日木曜日

DNA記者会見

 Dance New Airの記者会見で東京へ行く。
行くついでに会場下見と打ち合わせ、リハ、全てをこなす。ついでに衣装の生地を買うのと、おそらく今回ダンスハ体育ナリをつくり直す上でみといた方がいいだろう映画を見て、盛りだくさん。おかげでおおよそのプランが固まりました。

そもそもこういう記者会見などに出るのはもうないだろう感じですが、貴重な経験をしました。いくよちゃんと話すのも久しぶり。終わってご飯を食べつつ色々話したり。こういう機会でもないとなかなか会えないからねえと。なんだか懐かしいみなさんにお会いできました。
昔から知っているスパイラルもまさか8、9階にあんな隠れ家スペースがあろうとは(前は社長さんのプライベートサロンだったそうです)面白い。会場のドイツ文化センターさんもせっかくだからとあちこち倉庫や裏導線やらいろいろ探検させていただき、やっぱり外も使えないかなとか新たなアイデアが広がっていく始末。(そんなわけでやっぱりバスガイドプランはあるようです)隣の草月会館さんのスペースをお借りして(ラウンジのように豪華なフリースペースがある)打ち合わせをしながらちょっと使えるおもしろい場所を開拓していくの改めて面白いなと思ったり。

いろいろ開拓していきます。

ステージナタリーさんに取り上げていただきました。
https://natalie.mu/stage/news/290729

DNAウェブサイトオープンしています。
http://dancenewair.tokyo/2018/

 一応ちゃんと話しています。多分。大丈夫だったと思う。。。
 学校の先生なのに人前で話すの苦手なのです。
前日の打ち合わせ@草月会館。
溝端さん(Dance Archive project)がうーんと唸っている様子。私の目が座ってる。。。
今回溝端さんはいないため写真を撮ってくれた樫村さんが助けてくれています。心強い。



別件ですが村田真さんが建国体操について書いていてくれていました。
http://artscape.jp/report/review/10146309_1735.html
いろんなところでいろんなジャンルの人がコメントをしてくれていて、それはちょっと嬉しいです。また勉強して10月臨みます。

今後の予定( 2018.07.12)

今後の予定
鳥取夏至祭無事終了しました。来年もきっと夏至の時期に。レポートは追って公開します。幸せな時間をありがとうございました。
第1弾のレポートはこちらより。
https://tottori-geshisai.jimdo.com/鳥取夏至祭2018ホーム/report2018/

tottoの記事で取り上げてくださいました。
http://totto-ri.net/report_tottorigeshisai2018/
http://totto-ri.net/tottorigeshisai2018/


◎わらべ館即興音楽とダンスのワークショップシリーズ
夏至祭の時に踊るの楽しーと思った鳥取の皆さんに即興の面白さを定着させるべく2ヶ月に1度の即興音楽とダンスのワークショップシリーズを開始します。(助成:文化庁大学を活用した文化芸術推進事業)
夏至祭メンバーだった皆さんにもお越し頂き即興ワークショップを遊びつつ幅を広げていけるといいのではないかと。日程は以下の通り。
次回7月は京都在住ガムラン・パーカッション奏者やぶくみこさんの回になります。
7月22日(日)午前
9月30日(日)午前
11月18日(日)
1月26日(土)
3月10日(日)

この事業は鳥取大学芸術文化センターのアートマネジメント人材育成事業の一環でもあります。こちらの講座も企画中。多角的にアートマネジメントの視点を学びたい人を募集中です。正しくは私が学ばないといけないんですけれども。HP、正式なチラシは作成中。このチラシは同僚の筒井さん作成。さすが。

7月19日が第1回目の説明会で講座の一回目を兼ねています。19時よりHospitaleさん。お待ちしています。




◎死者の書再読
お隣兵庫県にある城崎アートセンターで滞在制作を行います。9月15、16日には試演会も行う予定。鳥取県内では12月末を予定しています。情報公開になりました。

http://kiac.jp/jp/post/4448

鳥取を拠点に活動するダンサー/振付家の木野彩子による折口信夫「死者の書」再読プロジェクトの滞在制作。
折口信夫の口述文学の傑作小説「死者の書」における、2つの世界が交錯していく構造や、多用されるオノマトペをもとに各シーンの動きをつくり、折口の心の中の物語として再構成し、ダンス作品を創作する。2つの世界を象徴する存在として音楽家のやぶくみこ(ガムラン、パーカッション)、杵屋三七郎(江戸長唄、三味線)が参加し、この世とあの世、男性性と女性性が重なる瞬間を模索する。また、照明家の三浦あさ子との共同作業により、この世ではない世界の見せ方を探究する。滞在中、市民を招いたオープンスタジオで成果を発表する予定。滞在制作後は、鳥取県内での上演を計画している。



折口さん密かに明治神宮外苑は単なる公園運動施設ではなく、本質的に神宮の崇敬と深い関係を有するもので、宗教施設に他ならない」という主張をする助言を行っていたらしい。(明治神宮外苑70年誌)さすが国学院大学教授。(ちなみに国学院大学結構近くにあるのですが、そこの博物館には折口さんの書斎が再現されていたりします。)まさかのようですがこの2つのクリエーション全然毛色が違うのに実はつながっていて、ここのところずっとこの時代の本しか読んでいません。


◎「ダンスハ體育ナリ?」またやります!10月6、7日@ドイツ文化センター
実は大野一雄編(其の1)でという話が動いていたのですが、現在どのようにまとめようか、まとめないのか色々模索中。5月12日見に来た人には仮チラシお渡ししました。本気です。ダンサーで先生という木野経歴ならではのレクチャーパフォーマンス、いそうでいないと様々な方に言われています。おだてられたからではないですが、これはこれでもう少し掘ってみましょう。
DNAは青山ビエンナーレ、トリエンナーレの後継事業。青山円形劇場に育てられたと言っても過言ではない私としては久々に故郷帰りです。
なんと記者会見もあるらしい(?)(私の記憶では2010年の木野のかめりあ・森下真紀・まことクラヴの超おふざけ記者会見以来の事)

http://dancenewair.tokyo
ウェブサイトに紹介も載っています。

ステージナタリーさんが取り上げてくれています。
https://natalie.mu/stage/news/290729




◎鳥取銀河鉄道祭2019年11月に開催します。それに向けてのリサーチ・ワークショップ活動がスタートします。取り急ぎフェイスブックでページを作りました。ウェブサイトも制作予定。少々お待ちください。
https://www.facebook.com/Gingatetsudou.Tottori/

◎Amanogawaプロジェクト鳥取2018年11月の予定でしたが2019年1月になりそうな感じです。準備が色々間に合っておらず、でもこれはちゃんと続けたい企画です。

2018年7月7日土曜日

しずかにすごす

特別警報が出ていた鳥取市ですが、とりあえず私の周りは大丈夫そうで、どうも地域差が激しいらしい。もともと雨量の多い智頭などは結構深刻な被害が出そう。
あと大きいのは交通機関がすべて止まっているところ。車は動けるにしても、JRや高速バスなど大幅にストップ。見に行くはずの公演もキャンセルせざるをえない。
自然災害に対しては人はなす術を持たない。人間のできることはただ祈るくらいなもので、粛々と時を待つのみ。
夏至祭の3日目の晴れ方はちょっと異常だったので、もしかしたらバランスが崩れてしまったのかもと思う。陰と陽は常に等しく、どちらかを偏るように願ったり、祈ったりしては良くないということを思う。
これ以上に被害が出ないようにしずかに過ごす。


夏至祭のあとの疲れのせいか、この低気圧のせいか動けなくなってしまう。
もともと昨年もこの時期意識が飛んでしまい、危うかったけれど、(だから夏至祭を作ったんだけれど)貧血のような症状が出て、立ち上がれなくなり、動こうとしても指ひとつ動かすのにあくびのようなものが出て、そしてまた沈み込んでしまう有様。そしてしばらく時間が経過していて、またゆっくり動き、動こうとして崩れちゃう。

どこかにお散歩に行ってしまうのか、からだもぬけの殻。
死者の書的にはわかるけれど、これ、見せれるものでもないし、再現性低そう。

その逆にからだ先に行き心ここに在らずが3週間くらい前に。かみさまがよんでるのかな。

ゆっくり待ちましょう。みみをすまして。


2018年6月30日土曜日

鳥取夏至祭の考え方

東京芸術祭の記者会見があり、宮城さんがオリンピックについて触れている。
東京芸術祭はニヤカムさん作品が2つ並んでいて(ANGELSの改訂版ととアダルト版タカセの夢(ユメミルチカラ))またFT(もともとアルテリオ時代にお世話になっていたANJの皆さん)も合体したりと盛大なお祭りになることが間違いなく、ある意味オリンピック文化事業の目玉でもある。宮城さんのお話は結構好きで、父のように様々な側面で影響を受けているけれども、それを受けて少し書くことにします。

私は鳥取にいてコツコツと作品を作っているわけだけれど、ここのところダンスハ体育ナリ?の関係で幻の東京オリンピック、およびベルリンオリンピックを調べていて、(そもそもこのシリーズを作ることになったのは体育学の修士をとるべくいろんなオリンピックやスポーツ事業の視点を学んだことが大きい)、私の学生たちには公的資金を得る方法ではなく、公的資金に頼らなくても自分の力で場を作り、やってしまう行動力を身につけてもらいたいと感じている。日本もドイツも芸術が政治に利用され、またそこにおもねなければ生きていけなかったと語られる。表現者として生きることは何らかの哲学を持ちそれを表明し続ける必要がある。だから自活しつつ、時には支えてもらいつつ、でもいざとなった時に自分の意思を押し通すことができるような状態が望ましい。
イギリスのコミュニティダンスはもちろん素晴らしいコラボレーションもあったけれど、お仕事としてこなしているような場もあり、先日もそれを目の当たりにし、経済活動と結びつけることの難しさを感じ、ある種の歪みのようなものを感じてしまった。

私は鳥取でソロ作品を作るダンサーとしては多様性を表現できないため、鳥取夏至祭では様々な人に来てもらうことにし、様々な生き方に触れてもらうことにした。私にとっても学生にとっても踊れる場所やシチュエーションを開拓し、場合によっては照明などの技術も学び、自分たちがやりたいことをやってみるそのような実践の場である。
プチパトロンシステムはその一つのボタンの受け渡しを通じて、観客とパフォーマーをつなぎ、コミュニケーションを生み出すためのものである。その小さなボタンが特別な意味をなすようになる。使わないでとっておこうというダンサーさんの声にそれは現れていて、本来お金をもらうということはそういうやりとりだったと思う。
経済活動としては小さいが、そういう小さなやりとりから物事はつながっていくものではないか。
私は作品はもっと大切にされるべきだと考えていて、夏至祭ではアーティスト同士のネットワークの構築にフォーカスを当て、即興に限定することにしている。体一つで遊びに来る場。お互いの出会いと町のとの出会い、そしてそこで得たものを地域の皆さん(特に子供達)へと還元していく。次の世代への種まき。なのでこの3日間は実はわらべ館のワークショップにすべて集約されている。(この認識は今年特に強く感じていて、この内容については後日記載します。それくらい重要な試みだったと思っています)
この3日間はアーティストも学生ももう一度表現の原点に立ち返るための会であり、巨大なワークショップなのではないかと私自身は捉えました。


若いアーティストが生き延びていけるインフラを作っていくことは確かに大事だけれど(だからお父さんには頑張ってもらいたいんだけれども)、この鳥取で、この鳥取から発信するような学生たちは大都市部とは異なるこの辺縁から、自分たちの持っているものから、作り出す人になってほしい。そんなことを思っています。それが今の私にできることかなと。
自分の道を自分で切り開く、それが『空は翼によってはかられる』ということなのだろうと私は思っています。


鳥取夏至祭の写真が少し届いたので、簡単なレポートを作りました。全貌はまた後日!
https://tottori-geshisai.jimdo.com/鳥取夏至祭2018ホーム/report2018/



2018年6月26日火曜日

鳥取夏至祭2018無事終了しました。

◎鳥取夏至祭
無事終了しました。翌日(25日)芸術入門で振り返りをしましたが、まだまだちゃんとまとまっておらず、出来次第レポートあげます。
学生さんがツイッターでページに様々な途中経過を上げてくれています。
https://twitter.com/tottorigeshisai
私はツイッターを扱えないのですが(笑)ハッシュタグなるものでさらにいくつか写真があがっています。
https://twitter.com/hashtag/鳥取夏至祭?src=hash
HPはこちら。
https://tottori-geshisai.jimdo.com

写真が少し届いたので、簡単なレポートを作りました。全貌はまた後日!
https://tottori-geshisai.jimdo.com/鳥取夏至祭2018ホーム/report2018/




毎回恒例のご挨拶。今年はこんな感じで書きました。


ごあいさつ
見に来てくださった皆様へ
 鳥取夏至祭ははや2回目。学生も参加し始め、少しずつ広がりを見せています。「何もないから何でもできる」と言いながら何も知らないまま始めてしまったこのお祭り、昨年はシャイだけどおおらかでゆったりとした人々にたくさん出会いました。来るもの拒まず、そんな鳥取のやさしさに助けられ、励まされた3日間でした。鳥取に初めて訪れたアーティストたちは驚き、鳥取が大好きになり、また訪れるようになりました。
 魅せる踊りが発生する前は上手いも下手も関係なく、ただただ好きなように踊り、演奏していたはずです。すべての人が楽しいから踊る、そんな時に戻る方法として即興に着目しました。音楽も、ダンスも、美術も。会話と同じようにその時相手の反応や場の力を受けながら新しい何かを生み出していきます。技術も経験も関係なく、ただただその“人”が見えてきます。
 ダンスの世界では「こどもと動物には勝てない」と言います。どんなに考えて工夫して、試行を凝らしたところで、こども達のひらめきや神の囁きにはかなわない。それであれば一度こどもに戻ってしまいましょう。こどもは全てを持っています。私たちもかつては持っていました。しかしどこかで失ってしまいがち。
 こうあるべきだという決まりごとを外したら、少し楽になります。一度壊してみる、そしたら新しい世界が見えてくる。それが古くからの祭の場でした。祭の原型には一時的な非日常への飛躍があります。そこには破壊が欠かせない。物を壊すわけではなく、競争や戦いに進むのではなく、ただ自分の思考の枠組みを一回外してみる。そういう特別な場所と時間が生まれることを祈っています。
 実はアーティスト達はさみしんぼう。終わった後少しずつ話してみてください。それもまた一期一会。素敵な出会いがありますように。
 
出演者の皆さん、今回訪れることができなかった昨年の参加者の皆さんへ
 3日間は鳥取を知るには短すぎます。なので、また是非お越しください。鳥取はゆっくりゆっくり、でもその分熟成させてお待ちしています。いつ来ても変わらないものって本当はすごく素敵なことなのではないかと思います。またあそこに行かなきゃ、あの人に会いに行かなきゃ、そう思える場所が一つでもあればそれはそれで幸せなことだと最近思います。鳥取がそんな場所になりますように。



 内容
22()前夜祭@鳥取大学地域学部附属芸術文化センター他 はじめましての会
                18時半開演
                料金:1000円(プチパトロンシステム1ptつき)学生特別料金500円(プチパトロンシステム1ptつき
                定員:40名
くじ引きによる即興ダンスと音楽のセッション(オービタルリンク、中沢れいさん発案)
                くじ引きにより3人組を作る
     各自が2分ずつ即興を行う(ダンサーは音楽家を指名したり、CDなど用いても良い)
     その3人でセッションを行う(4分)
10分程度のパフォーマンス9回
               
23日(土)昼周遊型パフォーマンス
                15時開演 とりぎん文化会館フリースペース集合、中庭から周遊型パフォーマンススタート
                定員40名
                野外でのパフォーマンス(観客はとりぎん文化会館で地図をもらって巡回しながら見て回る)
                ガイドとしてパフォーマーが案内します。

23HOSPITALE night@旧横田医院
                19時半開演
                照明デザイン:田中哲哉(鳥取大学工学部)

24日(日) 10時ごろ:いなばのお袋市に出現
                風紋広場にて特別プログラムとしてアティーナ・バーラ(Atiena Vehala)と星のいり口のコラボレーションワークの上演。
出演:星のいり口
アティーナ・バーラ:振付家、サイトスペシフィックダンス振付家、演出家、学際的アーティスト、教師。1991年ギリシャ国立振付賞受賞、1994ボニーバード振付賞受賞。現在ロードス大学名誉研究職、ドラマ学部準講師を務める。
星のいり口:年齢、性別、障害の有無にとらわれず、様々なメンベーで構成されているインクルーシブダンスグループ。鳥取で2007年より活動を続けている。

                1時30分:わらべ館いべんとほーる(晴天時にはわらべ夢ひろば含む)にてワークショップ
参加費 無料
場所 わらべ館いべんとほーる
申し込みはわらべ館(0857227070)
定員は50(大人も一緒に参加できます)




夏至祭staff
                企画構成:鳥取夏至祭実行委員会
                宣伝美術、チラシ・ポスターデザイン:三宅航太郎(うかぶLLC
                宣伝写真:田中良子
                映像:佐々木友輔・村上大樹(鳥取大学地域学部附属芸術文化センター)
                写真:田中良子
               
                主催:鳥取夏至祭実行委員会・キノコノキカク
共催:鳥取大学地域学部附属芸術文化センター、わらべ館、
協力:鳥取市中心市街地活性化協議会、新鳥取駅前地区商店街振興組合、鳥取市公園スポーツ施設協会、若桜街道商店街HOSPITALE プロジェクト(旧横田医院、ことめや)、鳥取藝住、totto、鳥取大学学生、鳥取市内の皆様
助成:鳥取市中心市街地活性化協議会、文化庁大学における文化芸術推進事業(わらべ館ワークショップ部分)