2019年12月31日火曜日

このブログをご覧になる皆様へ

○鳥取夏至祭についてはこちら
2019年鳥取夏至祭は6月21,22,23日で設定する予定です。公募を開始しました。3月24日締切です。詳しくはこちらのページをご覧ください。https://tottori-geshisai.jimdo.com/

○大学用HPを作りました。詳細はこちら

公演予定などは今後の公演予定をご覧ください。

○Dance Potlatch ダンスのおくりもの
DVDを販売しています。(驚きの500円)収益金は踊るキノコ基金にまとめられ今後の活動へと生かします。
くわしくはこちらをご覧下さい。
お問い合わせをいただくのですが、送料のほうがかかってしまうため、東京、神奈川の方はBankART studio NYKショップ(馬車道)もしくは綜合芸術茶房喫茶茶会記(四谷三丁目)にてお買い求めいただくようお願いしています。うちのお店でもおけるよという方いらっしゃいましたら、お知らせください。
なお、札幌圏はキノコチケット札幌、鳥取はキノコチケット鳥取で対応しております。
ご希望の方はキノコチケットkinokoticket@gmail.com(@を英数字に直してください)まで。




20th sentiment ( Sapporo Biennale pre-event) film : Katsura Ishida

Mobius鳥取編(Chicago Moving Company 2016)film: Yusuke Sasaki
Mobius東京編(Chicago Moving Company 2016)film: Yasunobu Nakagawa

このページはダンサー木野彩子の現在の活動をブログとして紹介しています。
プロフィールの詳細やこれまでの活動につきましてはおどりこさいこ(http://saikokino.blogspot.jp)をご覧下さい。

This page is Japanese dancer Saiko KINO 's blog. Sorry, this blog is Japanese.
If you need to more detail of Saiko's work, please check Dancer Saiko page(http://saikokino.blogspot.jp), and click the label.


2019年6月16日日曜日

コンペティションについて

私自身が横浜ソロデュオコンペティションの出身であり、その受賞によって確実に人生が変わった一人であることをまず述べておきます。
その時に審査委員に得点は高かったんだけれど、フランス人の審査員受けが悪くてという話を聞いて、フランスのダンスを知ろうと在外派遣研修員に応募し、海外へ出ました。それまで海外で活動することなど一切考えたことがない中学高校の保健体育教員がです。
この時であった高谷さんや石川さん、榎本さんなどの押し出しがなければ私は海外でダンサーという仕事に就くことなど一切考えなかったことでしょう。そもそもこのコンペも(当時何もなかったので)即興で踊った3分30秒の映像を送ったからこそ選んでもらい、20分の作品を上演する機会をえ、それまでの制作環境と全然違う環境に触れることになったので、貴重な、そして奇跡のような出会いでもありました。(その後、その関係で玉川大のミュージカルの振り付けに関わったり、韓国など海外も含めた公演機会を得ることができました)
なので、若い人(うちの学生さんも含む)にはとにかく出してみたらと話します。
いい悪いは私たちが決めることではない、とにかく今自分ができること、自分が思う新しい世界を提示してみる、ただそれだけのことです。

しかしながら、そのいい悪いというのはどう決めることができるのだろうとずっと思っていました。私の年は岡本真理子さんが「まばたきくぐり」を出した年で、私は正直すごいと思いました。かなり緻密に作られた美術作家とのコラボレーション作品でした。(ちなみに彼女はその翌年「スプートニクギルー」という作品に昇華させ、フランス大使館賞を受賞し、木野が住んでいたアパートに滞在します)そんな中私(「Edge」生贄をテーマに据え即興のまま枠組みを作り体を放り込む)やステージに姿を現さないマトロンさんの作品が賞を取ってしまった。(ただしマトロン作品は私は今でも結構画期的だと思っています。その後の経緯で今彼はダンス業界に見えないけれど、物の見方が全然違っていた。ちなみに翌年作成した箱女の映像を担当してくれました)ちなみに当時の審査員によれば私の作品は結局ダンスは身体性に戻るしかないのではないかということが評価されたと聞きます。


そうした時に、何が良くて悪いのか決めるのは審査員であるという当たり前のことに気がつきました。彼らが捉える方向性にあっているかあっていないか。今の時代を切り取る若い世代の感性を重鎮たちがみる時にその基準値は何になるのでしょうか。売れる可能性?重鎮たちの年代にも伝わる見せ方?演出の多様性?

コンペは話題になります。そして多くの人が賞を取ったんだったらと思う基準になります。実際私自身も受賞以前と以後とで周囲の触れ方が変わりました。今の仕事に就くことができたのもおそらくこの受賞のおかげでしょう。
そして競い合いを入れることで、作品はさらに磨かれていくことでしょう。
しかしながら、今、この世の中で本当に必要なものはそういうコンペや戦いや争いではないのではないかと私は思います。正しくは、そういうことをせざるを得ない人がいたとしても、私はそうではない価値観を作りたいと思うのです。

スポーツは競い合いの遊びから発生しています。(カイヨワでいうアゴン)
ダンスは眩暈と模倣の遊びから発生しています。(カイヨワでいうイリンクスとミミクリ)
私たちは戦うことではなく、多様性を認め合うところからできないのでしょうか。
プロデューサーの自由を考慮しながら大きな枠組みを作るところでとどめ、順位をつけることを避けたアシュフォードの思想を思い出し、またこの現在の世界の危うさを思うと私はコンペティションは時代遅れではないかと正直思っています。

勝ち負けではない、その先の世界へ飛び立つために、私たちは多様性を受け入れるそんなビジョンを提示すべきではないか。鳥取夏至祭は小さいけれど、そういう意識を持っています。辺縁だからこそ見えることもある。

あやまった道に進まぬよう。
なぜ、これを今あげなければいけないか。わかりますよね?

今後の予定(20190616)

今後の予定

◎鳥取夏至祭2019開催します。
HPにてチラシなど公開中です。
プログラム:
6月20日(木)鳥取大学地域学部附属芸術文化センターアートスペース1にて即興音楽とダンスのコンダクションワークショップ1(18時半より)
6月21日(金)
18:30開演(開場18:15)
[A] 前夜祭 くじ引きによる即興ダンスと音楽のセッション(オービタル形式による)
集合場所:鳥取大学地域学部附属芸術文化センターアートプラザ(鳥取市湖山町南4丁目101)
定員:40名
料金:1000円(プチパトロンシステム2ポイント付き)/ 学生料金500円(プチパトロンシステム1ポイント付き)
6月22日(土)
15:00開演
[B] ツアーパフォーマンス(周遊型公演)
集合場所:樗谿グランドアパート前(鳥取県鳥取市上町93-1)
料金:1000円 (プチパトロンシステム2ポイント付き)
19:00開演
[C] プチワークショップ企画:即興のコンダクション
集合場所:旧横田医院(鳥取市栄町403)※雨天時はパレット鳥取(鳥取市弥生町323-1)へ変更
ファシリテート:Miya(音楽家)
料金:無料
6月23日(日)
10:00頃
[D] いなばのお袋市に出現
会場:いなばのお袋市(駅前サンロード内)
参加費:無料
13:30開始、14:30終了
[E] 即興音楽とダンスのワークショップ 月に1回行っているワークショップの豪華版
会場:わらべ館いべんとほーる(鳥取市西町3丁目202)※雨天時には階段、わらべ夢ひろばへ行くこともあります
参加費:無料(要申込、0857-22-7070 わらべ館)
定員:50名
参加アーティスト(順不同):
山本和馬(ヲミトルカイ、ダンス/兵庫)、古川友紀(ダンス)、小池 芽英子(美術・パフォーマンス/京都)、鈴村英理子(ダンス/滋賀)、たけうちみずゑ(チョンモップ、演劇/東京)櫻井拓見(チョンモップ、演劇/東京)、宮原一枝(ダンス/福岡)、大脇理智(ダンス/山口)、イフクキョウコ(ダンス/山口)、吉福敦子(ダンス/東京)、小川敦生(美術/神奈川)、金井隆之(声楽・バロックギター/東京)、Yasusi(ダンス/兵庫)、荻野ちよ(ダンス/鳥取)、村瀬謙介(音楽/鳥取)金子泰子(トロンボーン/岡山)、小谷雄司(サックス/岡山)、瀬尾亮(ヴォイス/兵庫)、Miya(フルート/東京)、田中悦子(ダンス/鳥取)李東熙(ダブルベース/京都)中村仁美(コントラバス、作曲/鳥取)、中村友紀(演劇/鳥取)、きのさいこ(ダンス/鳥取)他
チケットのご予約:
キノコチケット kinokoticket@gmail.com
問合せ:
鳥取夏至祭2019実行委員会 geshisai2019@gmail.com
鳥取大学地域学部付属芸術文化センター
0857-31-5130 / saiko@tottori-u.ac.jp(木野研究室






ウェブ情報随時更新しています。https://tottori-geshisai.jimdo.com/
Tottoにて紹介いただいています。http://totto-ri.net/news_tottorigeshisai2019/



◎鳥取銀河鉄道祭2019年11月に開催します。

11月公演に向けて出演者も募集中です。次のワークショップは演劇が7月19日、合同が21日、倉吉にてスペシャルワークショップが20日に開催予定です。



こちらは昨年度版のチラシ。ことしの分ももちろん作ります。


取り急ぎフェイスブックでページを作りました。
https://www.facebook.com/Gingatetsudou.Tottori/
HPを作ったら、どうもインターネットエクスプローラーだと動かないらしいということが判明。グーグルクロムなどでご覧ください。
https://scrapbox.io/gingatetsudou-tottori



ほぼ毎週1回くらい(ほぼというところが私たちの緩さらしい)鳥取の皆さんと一緒
に銀河鉄道について、宮沢賢治について、鳥取の暮らしについて語るカフェ・ミルキーウェイも続行中。
ことめや(鳥取市瓦町527)にて開催してます。




わらべ館即興音楽とダンスのワークショップシリーズ
夏至祭の時に踊るの楽しーと思った鳥取の皆さんに即興の面白さを定着させるべく2ヶ月に1度の即興音楽とダンスのワークショップシリーズを継続します。(助成:文化庁大学を活用した文化芸術推進事業)
ことしは
6月23日 鳥取夏至祭
7月6日 池田千夏さん(ピアノ)池田さんの回は2時半よりミニコンサート付きです。
以降大体月1にレベルアップです。7月以降の会はファシリテーションを学ぶための講座と並行して行なっていきます。こちらのファシリテーション講座は実際のワークショップの前後に講座の説明や注意点、またそれらの振り返りを行いながら、どのような形でワークショップを進行していくと良いかを講師とともに考えていく会です。継続的に受講していただき、最終的にワークショップのファシリテーションも行なっていただければと思っています。
ワークショップといっても様々な方法があります。それらを学びつつ、アイデアを出しながら作る作業を体験していただければと思います。



この事業は鳥取大学芸術文化センターのアートマネジメント人材育成事業の一環でもあります。昨年のHPと報告書ができました。
http://www.tottori-artcenter.com/artmanagement2018/


◎「ダンスハ體育ナリ?建国体操ヲ踊ッテミタ」は思わぬところで評判を受け(学ランがとかではないです)、夏に再演予定。8月10日早稲田ドラマ館

2019年6月15日土曜日

鳥取は雨です。


大雨のせいか動けなくなり、学校に行って、夏至祭の準備をしなければいけないのに倒れてしまう。低血糖や貧血みたいなものかと思い、甘いものを食べてみるけれど、やっぱりダメで、今日は何もできず1日が終わりそう。やることはたくさんあるけれど、こんなに動けないことは珍しい。
時々雨は滋賀津彦の魂よばいだなと思い、大抵はしとしとしていて、私が外へ出ると止んでくれるのだけれど、時々大雨になってしまう。怒ってるのかもしれない。ちなみに怒っているときは逆に晴れるパターンもあって、晴れ女的に私が晴れさせているときの晴れと、怒りの晴れ(2、3日前、ちょうどアシュフォードさん滞在中はかなりやばい感じの晴れ方でした)はだいぶん違う。
天気操ってるんだろうか。

ともあれ、梅雨突入。夏至祭は21日から。晴れるか雨かで内容がだいぶん変わるので、実行委員会でも2種類の案を作り中。これまで晴れ女木野だけではなくやぶさんがいたのが今年は一人。負けないで頑張れるかな。

アシュフォードさん3


アシュフォードさんの作ったAerowaveについてはSprig back Magajinで見ることができるようになりました。
そもそもこれがどういう仕組みかというと
⑴若手振付家がビデオで応募する
現在は600くらい(本当は規定に合わないものを入れると700を超えるんだとアシュフォードはいう)
⑵それを欧州劇場ネットワーク(そもそもはサロンとしてアシュフォードの友達が集まっておしゃべりしながらヨーロッパのダンス傾向を知ろうとしていたグループ、25団体、およびそれをサポートする団体を合わせると40)でシェアする。なお、ショートカット版のビデオを過去はアシュフォードが作っていた。(5分程度にまとめたもの、確かに全部は見る気しないものね)
⑶会議を開き推しメン20団体を選ぶ。
⑷欧州劇場ネットワーク(25カ所)は各劇場プログラムに3団体以上を招聘する。その際の費用はEUグラントから半額助成できるようにする。(残りは各劇場や団体が地域に助成申請する)
⑸20団体の選ばれた団体はおおよそ3-5回の公演機会を得ることができる。
⑹そのため各国の助成金を得られやすくなる。
⑺これらの経緯を経て作品上演を繰り返したものをSpring Forwardで上演。このフェスティバルには世界中からディレクター。プロデューサーが集結。
⑻その作品をウェブ上で公開、レビューなどを掲載し、さらにその作品の上演機会が増えることを目指す。
⑼そのレビューをかける人を育てるべく、若手レビュワーを募集、フェスティバルを見てかいてもらったものをガーディアン、タイムスなど新聞のダンス専門記者(そういう職がイギリスにはまだあります。限られた枠ですが)にチェックしてもらう。
⑽レビューをかける人を育てる講座は継続し、彼らが食べていくための仕組みとしてSpring Back Magajinを立ち上げる。

私がイギリスにいた頃拡大版が生まれ、そのときの応募は400程度だったことを思うと確実に成長しています。そしてダンサー、振付家だけではなく批評家を育てようとしているところがアシュフォードさんのオリジナリティでもあるかと思います。彼はTime outの演劇の記者だったんだそうです。(今でも演劇も好き。なぜダンスに行ったのかの話も結構面白いです。)
牧野先生も言っていたのはダンスは消えてしまう。しかしそこから文字化し、記録する人がいることでその先に広がる可能性がある。批評家とダンサーがともに社会を作っていくと。彼女は舞踏の初期から見ているので、そういう意識を持っているのだと思いました。そこの部分、日本では抜け落ちているところかも。

いかにして残すか、広げていくか。
ダンスアーカイブ構想でダンスハ体育ナリシリーズを作らせてもらって思うのですが、今の時代を切り取りつつ、過去を振り返る。どんなに小さな作品でもちゃんと社会に投げかけるそんな作品でありたいと思います。

汽水空港


地域調査プロジェクトという授業で移住者のインタビューをとる練習として森哲也さん(汽水空港)に大学に来ていただきました。
汽水空港は松崎(鳥取県中部湯梨浜町にある鈍行しか止まらない小さな駅)の古本屋さん。関東から移住してきて、ゲストハウスたみに滞在しながらDIYで作ったそう。そのできた当初にたまたまたみに泊まった(採用面接できたときに、もう鳥取なんてくるの最後かもと思い、観光がてら立ち寄ったんです)時にお会いして、木野DVDを投げ込んで驚かれた、そしてそれが招いてくれたのか鳥取に来れたというローマの泉のような存在です。
あれから4年。一時期閉じていた時もあるけれど、結婚、お店も拡大拡充、着々と根を張り活動しています。
今回お話を聞いていて倉吉のパープルタウンの映画館で、すごい攻めた映画の上映をしていた話が出てきました。おそらくミニシアター系だし、コナンや鬼太郎ではない、ポケモンでもない、俗にいう売れない映画なのに、ここでやっている意味。映画好きのスタッフの熱い想いに感動したと森さんは言います。
正直にいうと鳥取は本当に人口も少ないし、お金もない。だから個人のボランタリーな活動、もっというと寄付というか投げ込みがあって成り立っているところがある。お金ないけれどゲストには少しでも出してあげたいと頑張る個人的な努力によってこの県の文化は成り立っています。

銀河鉄道では佐々木友輔さん(同僚です)が鳥取の映画人を調査してくれていますが、昨年の美術人(筒井宏樹さんによるスペースプラン)、演劇なども含め自分の知ったこと、見たこと、好きなこと、愛することをなんとかして地元の人に伝えたいという愛情表現の形であることがわかります。細々と映画上映会を続ける人や、地元の人と映画を作るひとと映像作りをしようとしているひと、フェスティバルをしようとしている人。それらの活動をまとめていくことも大学人として重要なお仕事かと思います。

森さんの自然体は学生たちにも衝撃を与え、様々な質問が出てきました。
いろんな生き方がある。そしていろんな生き方があっていい。
松崎に移住者が増えてる理由がなんとなくわかる気がしました。



アシュフォードさん2

そんなわけで
アシュフォードさんが津波のように押し寄せ、かなり色々ぶっちゃけた話をしまくって去っていきました。エネルギー量が高いのでもはや津波です。

ちょうどAerowaveの前身でイギリスのResolution!(若手のための作品ショーケース1ヶ月で100作品ほどを紹介する)に20作品くらいのヨーロッパ各国の作品を紹介していた頃から私は知っていて、その後EUにアプリケーションを出し、現在の形に立ち上げ、さらに次の世代に引き継ぐべく新しい仕事Spring Back Magajin を初めてしまう。74歳、パワフル。元気そうで、あと30年くらい生きるんじゃないかと思うけれど(なんなら私の方が先に倒れそうな気がする)それでも自転車通勤をやめたり、食べるものを変えたり、色々していて、所々に老いは見えます。ああ、あれから10年経つんだなあとしみじみ思いました。

イギリスのコンテンポラリーダンスの中核的存在だったThe Place(元々はローザスなどを紹介したのもここでした)が、学校との連携で、若手育成に力を入れるようになり(それゆえにできたResolution!やPlace Prize)そこに引っかかって、私はイギリス時代にいくつかの作品を作らせてもらいました。元々はそんなに公演をしたい人間でもないので、その時自分の中にある問題を一個一個解決するべく、1年に1作くらいの形で行なっていきます。
Edge,OvO,Angel's bone,The Three cornered world, IchI。The three corneredとIchIは好評をえ、改訂版の再演もさせていただきました。この創作活動があったからこそ、私はあのイギリスの暗いなかを暮らしていけたのだと思います。
また、ラッセルワークで仕事がなくなった時にThe PlaceとSadler'sがビザの発給先になってくれて、その間にThe Three corneredとIchIは作ることができました。そしてその作品を作っている頃、アシュフォードさんは仕事の定年をまじかに控えていて、エディに任せてお外にお散歩に行くようになり、木野の人生相談を聞いてくれました。またAerowaveの構想を話してくれました。実際にアプリケーションの応募が間に合わなくってポストに走ったのも覚えています。(大きい小包でした)

2008年ー9年くらいのイギリスのダンス業界、経済状態の激変は結構すごくて、その後のコミュニティダンスへのシフトチェンジにつながっているのですが、その最中、私はどうしようかと迷っていました。イギリスのダンスに興味のある人はいない。でも今から他の国に行って開拓するのか、それとも日本に帰って日本の環境を変えるのか。イギリスで何ができるんだろう。そんなつぶやきを言葉にしていきました。それを聞いてくれる人がなぜカンパニーの仲間とかではなくアシュフォードさんになってしまうのかが謎ですが、命の恩人でもあります。
こうして話す人がいたから私は日本に帰ろうと決めることができたし、おそらく、私の友人が亡くなったりしたのはそういう逃げ口が見出せなかったからだろうと思ってもいます。
その代わり、あまりにも色々イギリスダンス業界の裏が見えてきてしまったこともあり、早々近づきたくないし、早々売り込もうとは思いません。(アシュフォードさんに売り込んでもらうとかはしないんです。絶対)

ちなみにアシュフォードさんは木野の作品はそんなに評価をしていなくて(ちょっと残念)、彩子が踊るんだったら良い、という言い方をしています。もともとがおそとダンスを気に入った人なので、のびのび踊っているのが一番だと思っているようです。誰かに振り付けて見てはとは言いますが。ただ、死者の書は全て投げ込んできたというのがわかるらしく、それを心配してくれていました。こうして見続けてくれている人がいるのも作家としては嬉しいことなんです。


まさか10年経って鳥取で会うなんて。次の10年後はどこでしょう?


もう一人の恩人ラッセルさんも日本に来た時には会いにいきますが、さすがに鳥取に来てくれる予定はないですねぇ。