2019年12月31日火曜日

このブログをご覧になる皆様へ

○鳥取夏至祭についてはこちら
2018年鳥取夏至祭は6月22、23、24日で設定する予定です。募集などの詳細は後日お知らせさせて頂きます。

○大学用HPを作りました。詳細はこちら

公演予定などは今後の公演予定をご覧ください。

○Dance Potlatch ダンスのおくりもの
DVDを販売しています。(驚きの500円)収益金は踊るキノコ基金にまとめられ今後の活動へと生かします。
くわしくはこちらをご覧下さい。
お問い合わせをいただくのですが、送料のほうがかかってしまうため、東京、神奈川の方はBankART studio NYKショップ(馬車道)もしくは綜合芸術茶房喫茶茶会記(四谷三丁目)にてお買い求めいただくようお願いしています。うちのお店でもおけるよという方いらっしゃいましたら、お知らせください。
なお、札幌圏はキノコチケット札幌、鳥取はキノコチケット鳥取で対応しております。
ご希望の方はキノコチケットkinokoticket@gmail.com(@を英数字に直してください)まで。




20th sentiment ( Sapporo Biennale pre-event) film : Katsura Ishida

Mobius鳥取編(Chicago Moving Company 2016)film: Yusuke Sasaki
Mobius東京編(Chicago Moving Company 2016)film: Yasunobu Nakagawa

このページはダンサー木野彩子の現在の活動をブログとして紹介しています。
プロフィールの詳細やこれまでの活動につきましてはおどりこさいこ(http://saikokino.blogspot.jp)をご覧下さい。

This page is Japanese dancer Saiko KINO 's blog. Sorry, this blog is Japanese.
If you need to more detail of Saiko's work, please check Dancer Saiko page(http://saikokino.blogspot.jp), and click the label.


2019年2月15日金曜日

2月は動けないということを学習する。

世の中はバレンタインなのですが2月は大学教員としては忙しい時期で、今年は前期試験だけで済んだけれど、推薦入試や大学院入試、卒論、卒業研究発表会などが目白押しで、一番身動きが取れにくい時期。
昨年は強引に建国体操のレクチャーパフォーマンスを行ったけれども雪が降ったらやばいという環境でした。
パフォーマンス系の人間としてはそこで頑張らなきゃいけないのだけれど、本当は今週も一回戻る予定(山下残さんが鳥取で作った作品GE14の完成系と山田うんさんがわたしが結構追っかけてリサーチしていた愛知県花祭を題材にして作った作品があって気になってた)が断念です。割り切れるほど大人ではないです。卒業する学生にとってはこれが最後になるかもしれないのだから。
花祭りについては1時間なり2時間の舞台公演になっているのである程度切り口はわかります。私は多分いつか一晩かかるようなものを作ると思う。その構造がこのまつりの肝だから。でもぜひそれも含めてうんさんと話したいなと思ったから。見たかったな。

ショービズやっている時間は私にはないです。
限られた時間だけれど、少しでも誤った道に進まないように、と私の視点では思っています。


お告げの話し

私のお告げには2種あり、これ読んでほしいなというようなメンターたちの言葉もある。普通にメールなどでくるのでこちらは心配いらない。生きている人だし心配していない。問題はなぞのビジュアルイメージや言葉がダイレクトにくる現象で、それと向き合いながら作品作りを続けていて、それはもしかして現代の巫女業と思う時がある。
課題図書のようにおくられてきた作家さんの本は、様々な偶然や感覚で感じ取ってしまう人が現れていた。火災が起きる気配を感じたり、電話などで何かを受け取ったり。何れにしてもそういう偶然はよくあるし、気にかけなくてもいい。でも気にかっかるよね(気にかかるから作家も書いたわけで)全ての人にそういうことは起こり得るし、だから私が感じたあの事件は気にかける必要はないよという声にも聞こえる。一方で、ダンスの人間としてはそれをちゃんと明らかにできないかと思う。私たちのケースを明らかにすることは大事ではなく、ただ、第6感や虫の知らせ、言葉を超えてわかっちゃうことの意味を紡げないだろうか。

ある意味ダンスの可能性の一つなんではないかと私は思う。一歩あやまると怪しい宗教のようなうさんくささだけど。


2019年2月12日火曜日

ジョンアシュフォードさん

アシュフォードさんはイギリス時代の恩人。

2007年に横浜ダンスコレクションおそとダンスを一人で(上地くん(音)と奥山くん(写真)と一緒に)朝早い時間(オープンが12時なのに10時とか)を指定されて、これどうなんだろう、いじめじゃないかと思いながら始めた第1回目をたまたま通りがかりで見かけて声をかけてもらってGood morning show(賞)と名付けてくれて以来、2009年に本格的に帰国するまで助けてもらいました。

実際のプレイスのディレクターはすでにエディに譲っていて(なので直接木野が舞台を作ることには一切関係がない)、暇になっていたせいもあり、いろいろ教えてもらったりもしました。おかげでタックスリターン(俗に言う確定申告制度)や助成金の申請方法を学習し(なんと私はイギリスでそれを学んだのです。それまで必要なかったせいもあるけれど)、ロンドン、そしてイギリスのアートマネジメントについて学ぶきっかけになりました。アシュフォードさんは当時aerowaveというヨーロッパの若手振付家のプラットフォームを立ち上げているところで、申請書間に合わないとか言いながら郵便局に走ったのを覚えています。そしてそれから10年以上が経ち、aerowaveは継続開催されるようなシステムになり、そろそろ次にゆづるんだと話しています。
https://aerowaves.org
74歳。会った時から頭真っ白のおじいちゃんでしたが、変わっていない。あまりにも元気で心配になりますが、また次のこと考えている。どこまで元気なんだろう。
(本人が言うにはでもさすがに自転車通勤はやめたとのこと。)
aerowaveの批評やレビュー、インタビューなどを載せたウェブマガジン(と冊子)を作っているのですが、それを有料化し、映像とあわせて公開できるようにしたいんだよねといつの間にか出版者としての名刺を作っていました。
つまりダンスの映像は膨大にあるけれど、それをある程度セレクト(キュレーション)し、パッケージにしてみれるようにすることで新たな需要が生まれるだろうとのこと。さらにレビューなどの書き手を育て、またそれらを発信する媒体(メディア)を作ることで広めることを目指すのだそう(もちろん従来通り無料公開する部分もある)。
元気だ、元気すぎるアシュフォード。

今回は韓国で仕事があり、その後日本に立ち寄ったそう。(この1週間はTPAM周辺にいます)私でもわかる英語(英語レベルを下げて分かりやすい英語を話してくれる)なので、ぜひ気さくに話しかけてみてください。(奥さん日本人で、70年代から日本に通い続けている日本通ですが今でも日本語はしゃべれません。時々本当はわかってるんじゃないかと思う時があります)



なお、当時お世話になったエディはプレイス全体のアーティステイックディレクターになったそうで衝撃。いや、確かに人当たりも良く、優秀な人だとは思っていましたが。元DV8のダンサー。ダンサーのセカンドライフの新しい形だなあと思います。

2019年2月11日月曜日

一応リサーチ続行中です

とりあえず大量の仕事(卒論と自分の論文と、Amanogawa企画書とシラバス作り)をさばきつつ、関東圏の舞台の嵐に突入する。

この時期東京周辺の舞台公演が激増する時期で、昨年のいまは「ダンスハ体育ナリ其の2」建国体操で走っていた。その2年前も修論と「ダンスハ体育ナリ」で走っていた。今年はお休みみたいだが、リサーチ作業は続いている。

天皇制に関するレクチャー(大澤真幸、東京自由大学によるもの)を聴きに行き、うまい具合に折口さんまで踏み込んでくれて、天皇制と日本のイエ制度を理解する。正しくは摂関政治から院政、現在の政治に続くまで、あえて中心を外すことによって守るという日本独自のシステムについて考える。

曖昧さ、だからこそ続くことができたこのシステム。

最後に引いたのがジャックラカンの性別の公式でした。そこに飛ぶんだという衝撃。


このトークの中で一番ああ、と思ったのは最後の質問でフーコーの監獄の歴史を取り上げ、監獄から見ていないことでしかし規律が守られていくことより、これ、一神教だよねとなったこと。一神教においては「あらわれない」ということが重要で、むしろあらわれてしまっては困る。存在していてはいけないということ。
日本の神様の場合はご開帳といってたまに出てくる(つまりは普段は隠されている)必要があって、それゆえに貴重になるという。正しくは貴重さを出すために隠しとかなきゃいけないんだって。

そんなわけで今年も建国記念の日がやってきます。
(建国体操は踊りません)

追記:どうでもいいけれど、せっかく死者の書作ったのに、建国体操のイメージが強力すぎるのか、会う人みんなに建国体操の話しかされない今回の関東滞在。体操の先生だと思われていて、正直残念。
死者の書悪い作品じゃないんだけれどな。
逆にいうと、どんなに地方で作っていても東京持ってきていないものはないものと同じってことになっちゃうんだなと思うとすごく残念。

ちなみに建国記念の日の解説from ダンスハ体育ナリ2
建国記念の日
 国民の祝日の一つ。古事記や日本書紀における神武天皇の即位日を新暦換算したものとされており、戦前は紀元節と呼ばれていた。大日本帝国憲法公布日。戦後廃止されたものの国民からの熱烈な希望により1966年に祝日として復活する。その際の数10万に及ぶ嘆願は建国記念文庫に収められている。なお、日本国憲法の公布日は11月3日文化の日。明治天皇の誕生日であり、明治期は天長節、昭和期は明治節と呼び、祝日としていた日である。 


追記:
このレクチャーに行ったら何故か綾子舞の時にお世話になった方に再会する。この前稽古で綾子舞を久しぶりにやって、木野さんどうしてるかしらって思ったばかりだったのよ。まさかこんなところで会うとはと話す。
須藤先生の言葉は結構大野さん並に今とっとかないとまずいものな気がして、本当はちゃんとお話を聞きに伺わねばならないのだけれど、今の所誰も手をつけれていないとのこと。やらねばです。




2019年2月10日日曜日

自分の周りにいる人たちが幸せでいられるように、自分ができることをする

何が幸せかはわからないけれども

とりあえず
自分の周りにいる人たちが幸せでいられるように、自分ができることをするということになった。

結果として私の役割としては走らねばならず、少し前を見据えて、道を誤らないようすすむ人として生きることになっている。西田るみかさんはカナリアを例える。
研究者も巫女さんもそういう点では似ていて、そのためできるだけ多くのものを観、読み、考える。時代を見極め、今必要なものを作る。

こういう仕事についているうちは自分の大切な人のために新しいダンスを作りましょう。そしてその背中を子どもたちに見せましょう。ダンスとはもはや言わないものかもしれないけれど。それでも何かを作るのでしょう。

私はまだ走らないといけないようです。




2019年2月8日金曜日

にんげん研究会

にんげん研究会は鳥取大学五島朋子先生が中心となって行なっている学外ゼミ。そのメディアをめぐる勉強会の3回め(昨年も行っていて、昨年は毎回いけたのですが、今年はなかなか伺えず)にダンサー・振付家の砂連尾理さんが来たのでお話を聞く。
なんとDNA版体操レクチャーを見てくれていたそう。(驚き)
過去の作品を見たことはあるもののちゃんとお話をするのは初めて。

老人ホーム(@舞鶴)での活動を続けて10年近く、様々な障がいを持つ方々とのワークをしながら、それぞれの身体に新しさ(自分が知らなかった身体性)を発見していったそう。最近は山が語りかけてくるような感じがあった話をしてくれました。ベルリン(在研)から帰って来て電車の急行の速度についていけなくなって、各駅停車に乗っていたら突然大山崎のあたりで話しかけられた気がしたそう。わかります!それ!
山に限らず、いろんなものから声というか何か来ていますよね。そういうものと踊っていて、自分から自分で踊っているのと何か違うんですというような話で他の学生・教員たちをポカンとさせてしまう。

コンタクトワークやパーソナルスペースの考え方を短くしかし分かりやすく説明してくれ、たぶん既にダンスではないなにものかだけれども、この身体を通じたコミュニケーションをダンスと呼ぶことである種の読みかえを行なっているのではないかと感じました。そうして、ダンスの領域を広げて行く。
多分やっていることはかなり近い。呼吸をしたり、言葉をかわすように身体があり、現代人はそこに鈍感になってしまっているけれども、気付くためのワークを指している。作品化するときにある程度の分かりやすさ(お客さんを置いていかないような)の工夫が文学作品に依拠したり、リサーチに依拠していたりするちがいがあるが、元々の身体感は結構近いんじゃないかと感じてちょっと嬉しい。
(コンテンポラリーダンスの人の中でもそんなに多くないと思う。もうすこしテクニカルな面を重視するため)

ただ、私はコンタクトインプロをベーステクニックとしていたカンパニーに所属していたにもかかわらず、じつはコンタクトが苦手で、完全にオープンにはしていないという話も改めてしました。それは本当に流入してしまう体験があるためで、一枚薄い皮膚を纏うような距離感は保つことにしています。合気道を始めとしたコンタクトインプロのとくに2人組みのワークでは2人の境界を溶かすような作業でありある意味で絶対的な信頼感の上に成り立っている。ワークショップ会場全体がひとつの空気感にして行くことで集団の安全を保つというかそういう感じがあります。
演劇の集団性とも異なるのはフラットな関係性であるということだとわたしは思っているが、それに警戒してしまう人の気持ちもわかる。私自身もすこし苦手で、それが大学時代から続く活動にも現れていると感じています。さすがに長く踊ってきているので、私自身はそこに警戒はしないものの、そのような感触、あるいは空気を感じ取る人がいるのもわかる自分もいます。(一応先生として働いているもので)
ダンスの危うさの部分であり、魅力である部分。
建国体操も、様々なお祭りも集団故に盛り上がる。
宗教の中でもダンス(舞踊)が多く利用されてきた。ダンスの持つ同一性。
翌日その場にいた同僚とそんな話をする。

大宗教と呼ばれるものの始めはいずれも一人の人の口語によることばとうたであった。それを弟子たちが書き留め、書きとめた言葉の解釈を巡り様々な争いが起こって行く。それを解決して行くのは踊りの力ではないかという川田順造の発想を思い出す。(『響き合う異次元』平凡社に記載)
キリスト教文化圏では踊りが長く禁じられてきた。今でもどちらかといえば身体は言葉に比べて疎んじられている。それは身体の超越する可能性を危惧してのことではないか。(木野論文に記載)

体の持っている力を信じつつ、でもその使い方、その距離感は気をつけなければと思う最近。(この1年ハラスメント案件の会議とか増えてるせいもあるかも)



『響き合う異次元』平凡社、たまたま手に取った本(そういうことがよくある)ですが大学時代に入ろうと思っていたゼミの先生が参加していて、彼女の活動が単に解剖学、運動学といった範囲ではなかったことを初めて知りました。独立前のニューギニアにいってたりする。定年退職ということで実際にゼミに所属することはできなかったけれど、もしかかわっていたらまた違う人生になっていたのかなと。(人類学とか民俗学に意識が向いている点では志向も感覚も変わりはないのかもです)