2018年11月14日水曜日

門限ず(遠田さん、倉品さん)と鳥取横断たび

門限ず(遠田さん、倉品さん)と鳥取横断たび。
今回のメニューは
東部地区交流会
米子児童文化センタープラネタリウム下見・打ち合わせ
イトナミ大山芸術祭
小さなおうち
三朝温泉(カンパネルラの館というのがある)
事務局野口さんの実家にみんなで転がり込む
倉吉未来中心でのワークショップ

と盛りだくさん。
ワークショップでは演劇とダンスの境目をたゆたうということで、ジョバンニの牛乳屋さんのシーン(届いていない牛乳をとりに行くのに断られ、しゅんとなるジョバンニ)と蠍の火(サザンクロスの前に女の子がお話しする長ゼリフ)のシーンを参加者の皆さんで即興的にアレンジして行くワークを行いました。

木野の作品を知っている人はもともと私自身が演劇とダンスの境目にいるので、わかると思うのですが、単純に言葉を発する発しないと言うことが演劇とダンスの境目ではないと私は考えています。私自身が演劇をはなれたのは台詞がとにかく覚えられなかったからというのが大きくて言葉の力の問題だったのですが、それだけなのかなと考えていたのです。遠田さんはダンスは意味をとび越えるというようなことを言っていて、それもわかるのですが、今回最も引っかかったのはAのつもりでやっていることにまったく異なるBの台詞や文章を足して異る意味に演出する手法でした。たとえそのように見えて面白かったとしても私はその「見立て」ができない。
なんらかの演出家が居た場合そういうことも可能かもしれませんが、私はあくまで私という人間のまま私という自分を無くしていく作業を行なっている。

友人の女優さんに聞かれた時、私はあくまで私のままなんですと答えたことがあります。なにかの役に変化することができない。私だったらどう捉えどう反応していくか。だから全ての作品は当事者研究。そしてどんな人の一生であってもそこには普遍性がある。切り取り方や捉え方によるけれども、切実な声は人の心を打つから。
ただその分そんなにたくさんの作品は作れない。自分の言葉で話せることを掘り出して、整理し、人に伝えることが出来るあるいはある種の普遍性のあるところまで行く内容は一生を通じてもそんなに多くはない。だからちょっとずつ作る。そして少しずつバージョンアップしていく。
そんなこんなでセルフドキュメンタリーになって来た最近、かめりあ、からたち、amanogawa。静やMobiusはそう見えない(つまりお話をしてベースにしているよう)けれど、実際に身に起きていることから作られている。ある意味つぎの死者の書も。
なので、極端に言うと「どう見せるか」を考えない。
正しくはパッケージとしては「作る」けれども、見えの問題ではない。どう生きるかという事でしかない。

映像や美術の作品でドキュメンタリーに触れることが増えている。(これは同僚の影響も大きいだろう)それもまた時代の流れかもしれない。普通の人の普通の生活を切り取ろうとする作品たち。そうした時におのづと個人的な題材を扱う事が増えていると思うのです。

カイヨワのあそびの分類は4つに分かれている。アゴン(競争)、アレア(運)、ミミクリ(模倣)、イリンクス(めまい)。模倣に重きがあるかめまいに重きがあるかの違いにちょっと似ていると私は思っています。

かれこれかれこれ20年

こどもたちに会いに東京へ行ったついでに懐かしいいろんな人に会いました。
FTで茶会をテーマに展示・パフォーマンスを行っていたLpack。
あの銀河鉄道事件以来なかなか会えないままになっていたけれど、まさかこの目白で出会うとは。(赤鳥庵は前から狙っていた場所でもあったし、かつて住んでいたエリアに近いのです)
しかもコーヒーではなくお茶。
ユーモアに溢れていて、ちょっと嬉しい。そしてこのパフォーマンスは5回くらいまでにしようねと話しててと言っていて、「だって同じことやってても飽きちゃうでしょ」という彼らの言葉が素敵と思う。じつは銀河鉄道作るんだよという話はさすがにできなくて。それでも、無事を知り少しホッとする。

こどもたちの舞台を観にいったら、昔の演劇仲間に会う。(しかも各回異なるメンツ)かれこれ20年も前のこと(らしい)。〇〇さんはね、〇〇くんはねといろんな話をする。近いところにいながらでもなかなか話すことができなかった人たち。かれこれかれこれ20年、はMobiusに入れた言葉。彼らが20年生きのび、掴み取ってきたものに感謝。お互いある意味ミラクルの連続でした。

私たちは何の為にダンスあるいはパフォーマンスを行うのだろうか。ということです。

私はダンスには身体が欲求する面白さがあると思っています。
そしてそれを多くの人に知ってもらうことが私の仕事だと思っています。
一方で私はダンスの根元にはある種の生贄というか犠牲が払われていると感じています。
私自身の作品は少なくとも一人、あるいは1事例の犠牲のもとなりなってきた。それでも表現しなければいけないものしか表現してはいけないと思っています。

読書会に来てもらおうと思っていた同僚(大学の先生です)はいいました。
とうといと。
神をおろすのだと。
そうか、やっぱりそこを目指すしかないのかもしれません。


当事者として受けている個人プロジェクトだからこそ、俗にいう普遍性とは関係なくできることはある。小さな呟きが広がるように。

2018年11月12日月曜日

今後の予定(2018.11.12)

今後の予定
◎ラジオに出ます。今日ですけれど。FM鳥取さんと大学で作っている番組で木野の活動、研究をいろいろお話ししてきます。放送は来週。公開収録なので、お近くの方お立ち寄りくださいませ。


◎わらべ館即興音楽とダンスのワークショップシリーズ
夏至祭の時に踊るの楽しーと思った鳥取の皆さんに即興の面白さを定着させるべく2ヶ月に1度の即興音楽とダンスのワークショップシリーズを開始します。(助成:文化庁大学を活用した文化芸術推進事業)
夏至祭メンバーだった皆さんにもお越し頂き即興ワークショップを遊びつつ幅を広げていけるといいのではないかと。日程は以下の通り。

11月18日(日)
今回のゲストはやぶくみこさん(ガムラン、パーカッション)。ダンスは田中悦子さんを中心に展開していきます。

1月26日(土)
3月10日(日)

この事業は鳥取大学芸術文化センターのアートマネジメント人材育成事業の一環でもあります。こちらの講座も企画中。多角的にアートマネジメントの視点を学びたい人を募集中です。正しくは私が学ばないといけないんですけれども。
HPができました。
http://www.tottori-artcenter.com/artmanagement2018/





◎死者の書再読



無事城崎での滞在制作を終了し、好評を得て、鳥取への熟成期間に入りましたさてどうなることか。鳥取県内では12月末を予定しています。美しいチラシ、小川さん、小木さんありがとうございます!この色使い、木野では思い浮かばない世界です。

http://kiac.jp/jp/post/4448


鳥取を拠点に活動するダンサー/振付家の木野彩子による折口信夫「死者の書」再読プロジェクトの滞在制作。
折口信夫の口述文学の傑作小説「死者の書」における、2つの世界が交錯していく構造や、多用されるオノマトペをもとに各シーンの動きをつくり、折口の心の中の物語として再構成し、ダンス作品を創作する。2つの世界を象徴する存在として音楽家のやぶくみこ(ガムラン、パーカッション)、杵屋三七郎(江戸長唄、三味線)が参加し、この世とあの世、男性性と女性性が重なる瞬間を模索する。また、照明家の三浦あさ子との共同作業により、この世ではない世界の見せ方を探究する。滞在中、市民を招いたオープンスタジオで成果を発表する予定。滞在制作後は、鳥取県内での上演を計画している。


鳥取のウェブマガジンTottoさんに掲載していただきました。
http://totto-ri.net/news_nosho20181217-18/


【関連企画:読書会「踊子と、折口信夫「死者の書」を読んでみよう」】
12月27、28日にとりぎん文化会館で開催される「死者の書 再読」ダンス作品ですが、その原作を作品制作者と一緒に読んでみます。鳥取アートを紹介するウェブマガジンTottoのライターnashinokiさんがナビゲート。
折口信夫という人を知ってから見るとより楽しめる、はずです。

nashinokiさんのつけてくれた解説文
「死者の書」の舞台は奈良時代、中将姫をモデルとした藤原南家の郎女(いらつめ)と、謀反の疑いをかけられ不遇のままに亡くなった滋賀津彦(しがつひこ)の魂が時を隔てて出会う、宗教的あるいは異色のラブストーリーともいえる物語です。
 「死者の書」は、そのタイトルからしておどろおどろしく、初めて読む人には難解な面もありますが、一度その雰囲気がつかめれば、軽やかなリズムをもった、豊かな古代奈良の世界が開けてくる魅力的な物語です。小説の中に様々に織り込まれた折口の民俗学の知識から、古代の人々がどのように自然と関わり、纏い、住まい、愛したのか、そしてそれらの営みの延長上にどのように信仰という行為を捉えていたのか、そのつながりを見ることができます。人々の日常の暮らしと宗教性は、近代社会が発展する中で両者の関係が見えづらくなっている私たちにとっても、重要なテーマではないでしょうか。

 今回の読書会は、鳥取在住のダンサー・木野彩子による舞踊公演「死者の書 再読」(とりぎん文化会館にて1227日、28日上演)の制作をきっかけとして企画されました。舞踊による作品制作の過程で木野が得たイメージや知見を手がかりとしながら、トットのライターnashinokiも加わり、みなさんと「死者の書」の世界を、探り考えます。時には声に出して読んでみましょう。原作を知れば、ダンス公演もより楽しむことができると思います(ダンス公演については裏面をご覧ください)。



日時|2018年11月25日(日)14時から2時間ほど
会場|鳥取県立図書館(鳥取県鳥取市尚徳町101)
進行|nashinoki   朗読・解説|木野彩子
参加無料
予約・問い合わせ|鳥取大学地域学部附属芸術文化センター:saiko@tottori-u.ac.jp(木野研究室)tel. 0857-31-5130



◎鳥取銀河鉄道祭2019年11月に開催します。
それに向けてのリサーチ・ワークショップ活動がスタートします。
チラシができました。現在少しずつですがお配りしています。

取り急ぎフェイスブックでページを作りました。ウェブサイトも制作予定。少々お待ちください。
https://www.facebook.com/Gingatetsudou.Tottori/

HPを作ったら、どうもインターネットエクスプローラーだと動かないらしいということが判明。グーグルクロムなどでご覧ください。
https://scrapbox.io/gingatetsudou-tottori


201812月8(土)、とりアート2018東部地区イベント内にて[門限ズ]の野村誠さん、吉野さつきさんによるワークショップを開催します。


ほぼ毎週1回くらい(ほぼというところが私たちの緩さらしい)鳥取の皆さんと一緒
に銀河鉄道について、宮沢賢治について、鳥取の暮らしについて語るカフェ・ミルキーウェイも続行中。
ことめや(鳥取市瓦町527)似て開催中。
 10月30日、11月6日(火)11月13日(火) 11月20日(火) 11月27日(火)